【痛バルーン】鉄道ドレスに美少女戦士まで再現した“バルーンアート展”がヤバい

2015.9.18 16:40

「痛バルーン」アーティストのももさんによるファッションショーが開催されています。バルーンだけで、“鉄道”ドレスや“セーラーヴィーナス”など、なんとも可愛らしい洋服を見ることができます! 一体どうやって作るの? ということで、写真とともに紹介していきたいと思います。

“鉄男”もビックリ!?
バルーンでつくられた衣装

天神橋筋四番街商店街でバルーンアートを使ったファッションショーイベントが行われる。

天神橋筋四番街商店街で開催される「第 158 回わごん市」内で、風船で作られたドレスを披露する「痛バルーンファッションショー」が行われる。

「痛バルーン」とは、痛バルーンアーティストももさんが考案したアート。ニッチ(痛い?)でマニアックなモチーフ(ジャパンポップカルチャー等)をテーマにしたバルーンアートである。

今回のイベントではファッショショーと銘打って、痛バルーンのドレスを制作。異色のファッションショーが繰り広げられる。

当日は、歴代の魔法少女の顔があしらわれた「魔法少女ドレス」や、大阪の鉄道路線地図をイメージした「鉄道ドレス」を着用したモデルが、下町の商店街をランウェイにして練り歩く。

日本のポップカルチャーを知ってもらうために、誰しも一度は見たこと・触れたことのある「歴代の魔法少女アニメ」と「鉄道」をモチーフとして取り上げたという。

また、多くの人の目を引く商店街でのファッションショーという形で表現し、「痛バルーン」×「ファッションショー」×「大阪の下町商店街」の異色のコラボレーションを行う。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング