「歯並び」はメイクやヘアスタイルより重要!? “悪印象”の度合いが判明

あなたは歯並びが良い方?それとも悪い方……?自信がない女性にとって、歯並びはコンプレックスに感じてしまいがちです。どうやら私たちが思っている以上に、“歯並び”が周りに与える影響は大きいみたい。今回はその理由をご紹介します。

あなたは歯並びが良い方ですか?それとも悪い方……?

キレイな歯並びは“女性の美しさ”をより際立たせてくれますよね。でも、自信がない女性にとって、歯並びの悪さはコンプレックスに感じてしまいがち……。

というのも、歯並びが周りに与える影響は、笑顔時、自分の印象……と、どうやら私たちが思っているより大きいようなのです。

歯並びが悪印象を与えてしまう理由とは?

アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が20~50歳代の男女48人に「歯並びと笑顔が人に与える印象」について調査を行ったそう。

すると、歯並びが悪いと「笑顔は返って悪印象を与える」、「相手への印象も悪印象を持たれる」という、ちょっとビックリな結果が明らかになったそうです。

歯並びにコンプレックスを感じる女子にとっては、少々ショックなこの結果……。まずはその理由を詳しく覗いてみましょう。

同対象者の大笑いした表情のなかで、「歯並びが悪い状態」と「歯並びが良い状態」の口元と歯に対する“視線の長さ”を調べたそう。

すると「歯並びが悪い大笑い」は平均2.47秒、「歯並びが良い大笑い」は平均1.75秒という結果に。すなわち相手からの視線は、歯並びが悪い大笑いの方が長かったわけですね。

ちなみに、笑いが大きいほど口元や歯がよく見られる傾向にあり、大笑いは無表情の2.57倍、口元や歯への視線が長いことが分かったそうです。

こうした人の“視線の長さ”が関係しているのでしょうか……?
同調査が「歯並びが異なる笑顔への印象評価アンケート」を行ったところ、歯並びの悪い大笑いの方が「好印象の評価が低い」という結果が出てしまったそうです。

確かに相手の歯並びに、つい目が行ってしまうことは少なくないもの。例え笑顔でも目線が長く行ってしまうことで、歯並びの悪さが印象に残ってしまう恐れはあるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント