三浦春馬『進撃の巨人』は「プレッシャーがあった」 本郷奏多「春馬くんはめちゃくちゃ男前」

2015.9.19 18:51配信
 (左から)樋口真嗣監督、松尾諭、桜庭ななみ、本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ、三浦貴大、國村隼

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、石原さとみ、樋口真嗣監督ほかが登場した。

 本作は、人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた、公開中の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の後編。

 三浦は、この日、世界各地を回った膨大な数の宣伝活動が最終日を迎えたことについて「すごく寂しい気持ちでいっぱいです。なぜ悲しいかというと、『進撃の巨人』の実写版に関わるということで、大きなプレッシャーがあったからだと思うんです。同世代の本郷奏多くんと水原希子ちゃんもとても支えてくれたなと思っています。『進撃の巨人』が皆さまの心に残ることを願っています」と熱い思いを語った。

 作品の内容にちなみ「自分の中で乗り越えた壁は?」と聞かれると、本郷は「二枚目の壁です。僕は二枚目か三枚目かと言ったら、二枚目に分類していただきがちなんですが、春馬くんと2人で(宣伝活動で)地方を回らせてもらった時に、春馬くんがめちゃくちゃ男前で。オンからオフの最初から最後まで男前なので、そこでガチンコでぶつかって勝てるわけがないんですよ。だから、自分はピエロに徹するしかなくて、そういう隙間産業でやっていこうっていうのを見付けました」と語った。

 すると三浦が「俺、好きだよ、奏多くんの顔。二枚目だよ」と返して、会場の笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング