世界最大。沖縄映画祭に巨大移動式スクリーンが登場

2012.3.27 15:8配信
沖縄国際映画祭ビーチエリアに設置された移動式スクリーン

第4回沖縄国際映画祭の目玉として、メイン会場・沖縄コンベンションセンター裏の宜野湾トロピカルビーチのビーチステージに、オープンエアスクリーン “Cine Screen 400(スイスのシネレント社製)”が登場した。24日に行われたオープニングセレモニーでその全貌が披露されたが、まず驚くべきはその大きさだ。幅 26.65m、高さ14.76m、最大8000人が鑑賞できる世界最大の移動式スクリーンの大きは圧巻。映画祭のためにスイスから陸路と空路を使って輸送され、約10日間かけてビーチエリアに設置された。

その他の写真

夕陽が沈み砂浜が闇に包まれる時刻になると、この巨大なオープンエアスクリーンで映画を観ることができる。上映作品は、往年の名作『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)と『ショーシャンクの空に』(1994)、松本人志監督の『さや侍』(2011)、228人の一般の人々から寄せられた“あなたの人生のベストムービー”から選定した『ナビィの恋』(1999)、そして芸人たちが3.11後、笑いに何ができるのかを問いかけたドキュメンタリー『お笑い芸人と東日本大震災~よしもとあおぞら花月~』(2012)の5本(※すでに上映済みの作品もあり)。

オープンエアスクリーンを映画祭に取り入れるきっかけとなったのは、映画祭の実行委員長であり、吉本興業株式会社代表取締役社長である大崎洋氏が、昨年の 7月に開催された第64回ロカルノ国際映画祭(スイス)を訪れた際に、『さや侍』が大広場ピアッツァ・グランデで上映されたことがきっかけ。沖縄のビーチリゾート地にも巨大スクリーン上映はきっと映えるはずだと、すぐに映画祭の企画に取り入れ、実現に至った。その着想どおり、白い砂浜の上、星の見える夜空の下という異国情緒あふれるロケーションのなかでの鑑賞は映画館では味わえない感動があり、沖縄国際映画祭の新たな魅力となった。来年もオープンエアスクリーン上映を予定している。

27日は『ナビィの恋』、28日は『ショーシャンクの空に』が上映される。

第4回沖縄国際映画祭
3月31日(土)まで開催

いま人気の動画

     

人気記事ランキング