今や堂々と使えるようになった恋活・婚活アプリ。以前はどこか後ろめたい感じもあったものの、ここまで普及すると、いつでもどこでも活動できる利便性はもちろん、効率的にも優れているので、使う人が増えたのも頷けますよね。

そんな恋活・婚活アプリ界で、とくに今ホットなのはビデオチャットを介したアプリです。どんなアプリがあるのかご紹介すると共に、うち1アプリを実際に使ってみた感想を綴ります。

VACILA(バシェラ)

“次世代トーク型SNS”とのキャッチコピーを掲げた「VACILA」。旅先での一瞬の出会いが人生を変える世界観を目指しています。システムはシンプルで、アプリ内で気になる相手に通話・ビデオ通話を使った「3分デート」のリクエストを送る、というもの。

リクエストは同時に100人まで送ることが可能。相手がリクエストに応じれば、3分デートが始まり、トーク後にマッチングすると、相手と個別にやりとりできるようになります。相手と初めて話すのを考えると、3分という時間はほど良いように思えますね。

アエルドットパーティー

アプリ上で婚活パーティーに参加できる「アエルドットパーティー」は、いわゆる「オンラインパーティーアプリ」。ビデオ通話で参加者一人ひとりと、1分間または3分間話していく仕組みです。

一般的に婚活パーティーというと、準備して出かけて帰ってくる…と、なかなか手間がかかるものでした。パーティー自体が1〜2時間として、合計で3時間以上はかかります。それをネット環境がある場所なら、どこでもできるのはうれしいですね。同性の参加者を気にする必要がないのもマルです。

ちなみに、アプリ上で登録するのはニックネームと年齢、居住地、職業、趣味だけ。パーティー参加中にお互い閲覧できる情報もそれだけです。だからこそ質問し合って、会話が盛り上がるメリットもあるといえます。

婚活サプリ

気になる相手とビデオチャットで“1会話15分”のやりとりができる「婚活サプリ」。15分という長さは2〜3分/人が多いリアルの婚活パーティーにはない、比較的長い時間。けっこういろいろなことを話せて、相手の人間性もわかります。

ただ、はじめましての相手だけに、次は何を話そうか…と悩むあまり、沈黙の時間が始まることもありますよね。婚活サプリはそんなときも細やかにサポートしてくれます。なんと2分おきにふたりの画面へ、こんなテーマはどうですかといった、会話アシストメッセージが自動表示されるのです。

ふたりのプロフィールから導き出した、共通して興味が高い項目を抽出した「おすすめトークランキング」もとても役立ちます。上位のトピックを選べば会話も盛り上がり、気になる相手にも好印象を残せるはず。「この人とは合わないな」と思われてしまう、嫌な沈黙を避けられるのはありがたいですね。

ちなみに、婚活サプリは約40社の厳選された結婚相談所が参加しているため、結婚相談所約に登録している人とも出会えるそう。結婚相談所に入会するのに匹敵する活動が、女性なら無料(男性は月額3,480円、12ヶ月一括払いなら月額換算1,480円)でできるコスパの良さがあります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます