『レ・ミゼラブル』上演回数3000回達成! 再来年の再演も

2015.9.24 16:00配信
ミュージカル『レ・ミゼラブル』 ミュージカル『レ・ミゼラブル』

ミュージカル『レ・ミゼラブル』が、9月20日の夜公演をもって国内上演回数3000回に到達した。日本では1987年に初演。2015年公演は4月に東京・帝国劇場で開幕し、愛知、福岡、大阪、富山公演を経て、静岡市清水文化会館マリナートにてこの日、3000回の大台に達した。当日は特別カーテンコールが行われ、主人公ジャン・バルジャンをトリプルキャストで演じている福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモらが挨拶をした。

ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作とし、19世紀初頭のフランスの動乱期を舞台に「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」といったテーマを荘厳な楽曲に乗せ描き出す作品。ミュージカルの金字塔と呼ばれるほど、幅広い層に愛され続け、28年という長きにわたり上演を重ねている。この日のカーテンコールでは「ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本上演通算3000回達成!」という文字がスクリーンに大写しになると、客席からは大きな歓声と拍手が沸いた。その中で、マダム・テナルディエ役、森公美子の進行で特別カーテンコールはスタート。「3000回とひと言で言っても、本当にたくさんの出来事があって、たくさんの努力があって、この回数を重ねてこれたのだと思う。初演からたくさんの方々がこの作品に携わって、作り上げてきた3000回。僕たちはその気持ちを受け継いで、明日の3001回目からまた毎日、1回1回を大切に演じていきたい」(福井晶一)、「3000回という歴史的な瞬間を皆さんと一緒に過ごすことができ、光栄です。これからも続く『レ・ミゼラブル』の歴史が楽しみです」(ヤン・ジュンモ)、「28年間で3000回と訊いて「重いな」と思った。このお芝居に役者として立つということは、すべての役において、非常に重いこと。そして今までその重みを背負って、ずっと繋げてきてくれた人たちがいるんだなと思うとすごく感慨深くなります」(吉原光夫)と、口々に支えてくれたファンや、これまで作品に携わったキャスト・スタッフへの感謝を述べていた。

2015年公演は9月24日に大千秋楽を迎えたが、さらにその千秋楽の場で、2017年春の再演が発表に。日本初演30周年記念公演としての上演になるとのこと。これからも重ねられていく『レ・ミゼラブル』の歴史をお楽しみに。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング