男役のひとつの究極、光源氏に挑む花組・明日海りお

2015.9.24 16:20配信
明日海りお  撮影:奥村達也 明日海りお  撮影:奥村達也

宝塚屈指の美貌を誇る花組トップスター・明日海りおが、『新源氏物語』でいよいよ光源氏を演じる。本作は田辺聖子の小説をベースに柴田侑宏が舞台化した宝塚歌劇の名作で、26年ぶり3度目の上演。平安王朝の世界を華やかに見せながら、絶世の美男子の愛の遍歴をドラマティックに描く。

宝塚歌劇花組 チケット情報

美しい品のある着物姿で現れた明日海。「稽古場から優雅な身のこなしを意識しています。家では白檀のお香を焚くようになりました」と、すっかり雅な世界に浸っている。「光源氏は名前だけでも大きく、とても責任を感じています。色々な資料を読んでいると何時間も経っていたということも。とても入り込みやすいです」。その中で明日海が目指すのは、台本に忠実な光源氏像。「この作品の中で源氏は藤壺の女御の面影を追い続けています。出会う女性たちそれぞれへの愛も真実ですが、また藤壺への想いに返ることへの自分の葛藤。彼をかき立てる“情熱”を、共感を呼べるように演じたいです」。

2008年の月組大劇場公演『夢の浮橋』新人公演では、光源氏の外孫・匂宮を演じた“縁”もある。「匂宮のほうが野性的。同じ血を受け継ぐあの役を活かしながら、匂宮との違いも自分の中ではっきり出して演じたいです」。花組トップに就任して1年余り。男役の美学を極めつつある今、数々の姫君を相手に、甘い貴公子の内にある魂をくっきりと見せてくれそうだ。「主演をさせて頂くようになって、心の内を前面に出すお芝居を意識しています」と語る明日海が頼もしい。

同時上演のグランド・レビュー『Melodia -熱く美しき旋律-』は、「プロローグや中詰はラテンで、“熱く”の部分が強いショーです」と笑う。「下級生までたくさんの場面に出ているので、エネルギッシュにお届けしたいです。私はスキャット的な歌に挑戦したり、花乃(かの)まりあと今回は大人っぽいデュエットダンスを踊ります。コンビを組んで大劇場公演では2作目なので、また違った表情をお見せできたらいいですね」。

8月の台湾公演では観客の鳴りやまない拍手に感動したという。「拍手が降ってくるような感覚が忘れられません。花組の仲間は海外でも揺るがない安心感があり、心強かったです。今回は日本物のお芝居の楽しさを日々発見していますし、ショーでは身体を解放しながら踊っています。切り替えが必要ですが、それ自体を楽しんで臨みたいです」。香り高き王朝ロマンから、心躍るリズムの連続へ。この振り幅の妙を存分に味わってほしい。

公演は宝塚大劇場にて10月2日(金)から11月9日(月)まで上演。東京宝塚劇場公演は11月27日(金)から12月27日(日)まで。東京公演は10月25日(日)より一般発売を開始。

取材・文/小野寺亜紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング