キングジム、ノートを切ってデジタル化する「スキャンノート」

2012.3.27 20:40配信
スキャンノート

キングジムは、用紙を簡単に切り離してまとめてスキャンできるノート「スキャンノート」を4月25日に発売する。サイズはA5とセミB5の2種類で、タイプは表紙色グレーの横罫線タイプと茶のドット方眼タイプの2種類。価格は、A5サイズが210円、セミB5サイズが220円。

デジタルとアナログを融合する次世代ノート。「書いたら、切って、まとめてスキャン」をコンセプトに開発した。背付近にミシン目と上下の切り込みが入っており、カッターや裁断機を使わずに、簡単に複数枚のノートを切り離し、別売のスキャナでスキャンすれば、ノートに書いた手書きのメモなどをまとめてデジタル化できる。

表紙のほかに、ノートのタイトルや使用期間などを書き込める「扉紙」がついており、ノートと一緒にスキャンすれば、PCのサムネイル上でもノートを簡単に検索できる。さらに、使用中のノートを切り取らずにデジタル化できるよう、ノート見開き中心部に帯状の印刷を施し、左右のページを区切ることで、スマートフォンのスキャナアプリで片側のページを読み取りやすくした。

PFUのパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」とタイアップし、対応機種では、サイズ自動検出機能によって、裁断後のノートサイズを設定することなくスムーズにスキャンできる。また、スキャン後は「ScanSnap」のクイックメニュー機能によって、Evernoteなどの各種クラウドサービスにダイレクトに投稿できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング