森田芳光監督へのオマージュ作品、予告映像が公開!

2015.9.25 13:14配信
『の・ようなもの のようなもの』(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

故・森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を、森田監督ゆかりのキャスト・スタッフが集結して描くオマージュ作品『の・ようなもの のようなもの』の予告編が公開された。主人公が恋に夢に、そして人生にと想いをめぐらせる姿や、それを支える周囲の人々の温もりが伝わってくる映像だ。

その他の画像/予告映像が公開

本作は、助監督として森田作品を支え続けた杉山泰一が監督を務め、森田監督の遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』の松山ケンイチが主演を、『間宮兄弟』の北川景子がヒロインを、『の・ようなもの』と同じ役で伊藤克信が出演する青春映画。師匠の娘・夕美(北川)に想いを寄せるマジメすぎる落語家“のようなもの”の出船亭志ん田(松山)が、二度と落語はやらないと誓った兄弟子・志ん魚(伊藤)を説得するべく共同生活を送ることになり、共に時間を過ごすうちに自分に足りない何かを見つけ出していく。

このほど公開された予告編では、冒頭で志ん田が落語を披露するも客は誰も聞いておらず、夕美からもダメ出しされるなど、志ん田のパッとしない日常が映し出される。そんな志ん田が、正反対の志ん魚と共同生活をスタート。志ん田は気楽に生きる志ん魚のマイペースさに翻弄されながら、自分自身を見つめなおしていく。彼らのユニークなやり取りや、ふたりを見守る周囲の人々の姿から、作品全体を包み込む優しくあたたかな雰囲気が伝わってくる。

さらに尾藤イサオ、でんでん、野村宏伸など森田組おなじみのキャストが続々登場し映画を盛り上げるほか、『の・ようなもの』でも使用された主題歌の『シー・ユー・アゲイン雰囲気』や、ふたりが共同生活を送る東京・谷中の下町情緒溢れる日常風景が随所に登場し、当時が思い出されるようなノスタルジックな雰囲気漂う映像となっている。

『の・ようなもの のようなもの』
2016年1月16日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング