中島らもワールドに挑む、池田純矢と鈴木勝吾が思いを語る

2015.9.25 18:40配信
左から、鈴木勝吾、池田純矢  撮影:石阪大輔 左から、鈴木勝吾、池田純矢  撮影:石阪大輔

不世出の天才、故・中島らも、幻の傑作戯曲『ベイビーさん ~あるいは笑う曲馬団について』上演決定! 手がけるのは、かつての所属劇団『リリパットアーミー』以外で唯一、らも戯曲の演出を許されたG2だ。第二次世界大戦直前の、満州は新京。軍の慰問に訪れた曲馬団には「ベイビーさん」なる不思議な動物がいた。果たしてその正体は? ──今回、主演で軍人であることに迷う内海を演じる池田純矢、曲馬団に拾われた少年(ボーズ)を演じる鈴木勝吾が登場。

舞台『ベイビーさん ~あるいは笑う曲馬団について』チケット情報

「これまでぼくは、どちらかというと飛び道具的な、大きく見せる役が多かったので、今回、内なる葛藤がある役をいただけたことはとてもやりがいがあります。深い思慮や感情をどれだけ表に出さずに伝えることができるのか……すごく我慢が必要な役だと思うし、それが爆発したときの力を観てほしい。主演として立たせていただきますが、むしろ皆さんの胸を借りるつもりで助けていただき役をまっとうしたいです」(池田)
「ここ数年、芝居がよりおもしろくて仕方ないんです。そんなときに、この舞台のお話をいただいたことはとてもうれしい。これまでいくつかの舞台に立ってきましたが、その積み重ねが縁あって今回の出演につながっていたのだとしたら……いや、つながっていたんだなと感謝します」(鈴木)

実はこのふたり、今年夏には池田が初めて作・演出・主演の三役を務めた公演に、鈴木がゲスト出演を果たす、など互いに認め合う間柄。
「不思議なもので、演出されている間はなぜか敬語になってました(笑)。純矢らしいきめ細やかな演出で知らない自分をいろいろ引き出してもらいました。座長としても信頼できるし、今回は同じ役者として板の上でがんばりたい」(鈴木)
「役者として生きるからには、どんな舞台にも畏怖することなく挑みたい。ただ、それでもやはり今回のお話をいただいたときは驚きと喜びがありました……その作品に、鈴木勝吾という役者と立てることはうれしい。勝ちゃんの演技の組み立て方が好きなので間近で見ることができるのも楽しみです」(池田)

最後に座長からひと言。
「おもしろい舞台を創りたい。たぶん100人の観客がいたら100通りのおもしろさがあると思います。でも、究極を言うなら100人全員がおもしろがる舞台を目指したい。らもさんの戯曲、G2さんの演出、キャスト、スタッフ全員の力で辿り着きます」(池田)

『ベイビーさん ~あるいは笑う曲馬団について』は11月7日(土)から14日(土)まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演。

おーちようこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング