「モテ手」ケア〜ハンド編〜

さて、次はハンドケア。まずは、ハンドクリームで保湿を。

筆者は、いくつかのハンドクリームを使い分けています。

大切な打ち合わせや、デートの前には、潤いだけでなく、見た目を美しく“補正”してくれる最先端のハンドクリーム、フェルゼア ビューティーハンドクリームを最近、愛用。

定期的にネイルサロンに通ってパックをしなくても、塗るだけで「モテ手」に“補正”できるので、「ブス手」の筆者にはとても嬉しい。

夏中、毎日、日焼け止めを塗り続けたため、キメが粗く、肌の色もイマイチの筆者の手。

ビューティハンドクリーム使用後

ビューティーハンドクリームを塗ると(自分で言うのもナンですが)肌の色が明るくなり、透明感とつやが出て、美しい見た目に美補正されています。

手に自信がない人も、塗るだけでモテ手になれるので、自信を持って、手を差し出せるようになると思います。

また、仕事中など、ハンドクリームを塗ると“触れたものにベダつきが移る”のが心配なときは、ミストタイプのフェルゼアハンドモイスチャーミストをワンプッシュ。

潤うのにベタベタしないので、会社の机の上に常備すれば仕事の合間にサッと保湿できて、忙しい女子には嬉しい。パソコンのキーやスマホがベタつくストレスもなし! 食器洗いなど、手が乾燥しがちな家事のあと吹きかければ、簡単に保湿できます。

また、ハンドクリームとマッサージを組み合わせれば、

むくみも取れて、肌の色も改善されます。

筆者は、100%pureのバニラとココナッツの香りのハンドクリームを組み合わせ、たっぷり塗ってマッサージ。

仕事の休憩時間や、寝る前のちょっとした時間にマッサージをすれば、リラックス効果も期待できます。

さらにモテ手を追求するなら、脱毛という方法も! 

筆者の周囲にも、指の毛を永久脱毛している人がいますが、毛穴の黒ずみの心配もなく「ずーっと毛が生えてこないから、ほんとに楽よ〜」と言っています。モテ手ケアに、終わりはないかもしれません!

モテ手になるためのお手入れ方法はいろいろありますが、大切なのは、日々、ケアを積み重ねることですね。

これから、乾燥して、手がカサカサしやすい季節になります。日々のハンドケアで、モテ手をゲットしましょう!
 

大学院卒業後、銀座のクラブホステスになるという異色の経歴の持ち主。「銀ホスライター」として、老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを、悩めるビジネスパーソンに向けて紹介。恋愛・結婚・出産など、女性にとって身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案しています。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます