本家“シュレック”を超えた! 映画『長ぐつをはいたネコ』が動員好調

2012.3.28 12:10配信
『長ぐつをはいたネコ』PUSS IN BOOTS (R) and c 2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

『シュレック』シリーズの人気キャラクターを主役にした『長ぐつをはいたネコ』が17日から日本公開され、親子連れやカップルなどを中心に好調な動員を記録し、公開1週目7日間の興行収入が、オリジナルとなる本家作品の最終章『シュレック フォーエバー』の161パーセントを記録していることが発表された。

その他の写真

本作で描かれるのは、“長ぐつをはいたネコ”ことプスが、シュレックに出会う前の物語。彼が相棒のハンプティ・ダンプティ、キティと共に“黄金の卵”を産むと噂されているガチョウを手に入れるために大冒険を繰り広げる姿が、3Dアニメーションで描かれる。

これまでも、人気の脇役キャラクターを主人公にした作品が数多く公開されてきたが、“本家”を超えるケースはそれほど多くはない。配給元のパラマウント ピクチャーズ ジャパンは「ドリームワークス史上最も愛らしい“猫”が主人公であるということが、通常のファンに加え、さらなる間口を広げたのではないかと考えられます。キザでクールなプスが時折見せる猫ならではのキュートな仕草は、猫好きを始め、すべての方のハートを鷲掴みにしていると思います」とコメント。本格的な春休みシーズンの到来でさらなる動員増が予想される。

『長ぐつをはいたネコ』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング