KDDIが梅宮辰夫さんを起用した動画を公開、通信速度の重要さをアピール

2015.9.28 15:58配信
とにかく遅い梅宮

KDDIは、4G LTEとWiMAX2+がともにキャリアアグリゲーションに対応することで「スーパー快適」な通信速度の魅力を表現したウェブ動画「とにかく遅い梅宮」を9月24日に公開した。

動画には俳優の梅宮辰夫さんが「結婚の挨拶」や「相撲の取組」の二つのストーリーに登場し、それぞれのシーンで通信速度が速い場合と遅い場合でストーリーが展開する。通信速度が遅い場合のストーリーでは、まるでスマートフォンの通信速度が遅い際に、ウェブ上の映像が停止してしまうように動画が急に止まることで、まさかの展開が繰り広げられる。

「結婚ご挨拶篇」では、梅宮さんが演じる厳格な父親の元に、娘の彼氏が結婚の挨拶に訪れる、というストーリー。通信速度が速い場合にはスムーズに挨拶が進むものの、通信速度が遅い場合は父親が白目の状態や、妻の胸を触ったかのような状態で動画が止まってしまい、結婚の挨拶シーンが台無しになってしまう。

「相撲篇」では、梅宮さん演じる親方らの前で、相撲の取り組みが行われる、というストーリー。通信速度が速い場合には力士同士が激しくぶつかり合い、客席も大いに盛り上がるが、通信速度が遅い場合には力士同士がキスをしたり、胸を触ったりした状態で動画が止まってしまい、取り組みシーンが台無しになってしまう。

梅宮さんは「映画のワンシーンを撮影するくらいの気持ちで演技に望みました。ただ、そんな私の演技を見ながらなぜか周りのスタッフがクスクス笑っている声が聞こえてくる不思議な現場となりました。そのくらい面白い動画となっているようなので是非ご覧ください」と、撮影時のエピソードを語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング