会場の入り口近くでは直筆のイラストがお出迎え

4月2日(火)~4月16日(火)まで、千代田区のアートスペース3331 Arts Chiyodaにて、『ラフ∞絵』展が開催されています。

この展覧会では『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でおなじみ秋本治さんや、『FINAL FANTASY』シリーズの天野喜孝さん、『機動戦士ガンダム』のメカニックデザイナー大河原邦男さん、『魔法の天使 クリィミーマミ』のキャラデザで有名な高田明美さんら4名の作家たちのラフ絵が、未発表の作品を含む約1400点以上展示されています。

国内はもとより、世界でもファンが多い日本のマンガ、アニメ、キャラクターデザインの世界を牽引してきた4人のレジェンドアーティストの、作品になる前のラフ絵を見られる貴重なチャンスです。

本展覧会は「タツノコプロの同窓会」!?

本展覧会のプロデューサー・布川ゆうじさんは、タツノコプロ出身。そして、作家4名も実はタツノコプロの出身なのです。

かつて同じ会社で働いたことのある先輩後輩たちが一同に会して、同窓会的な感覚で展覧会をやる。そんな発想から企画されたのが本展覧会なのだそう。

ただの同窓会で済ますには、いささか大御所がそろい踏みしすぎた感はありますが……!

会場に入ると、エントランスゾーンには各作家の直筆イラストのタペストリーが壁にバーン。

布川P直筆「私と4人のタツノコプロ時代」

 

布川プロデューサー直筆の、作家たちの関係性を描いた相関図では、各人がタツノコプロ時代に手がけた作品なども知ることができます。

各作家の個性的なスペースを紹介

また、各作家のスペースには本人たちのこだわりを思い思いに詰め込んでおり、個性が爆発しています。

秋本治さんの場合『こち亀』のネームや、コミックスイラストの下書きなどがところ狭しと壁や台に展示されています。

貴重な『こち亀』イラストのラフ画も

天野喜孝さんの場合は『FINAL FANTASY』シリーズのキャラデザ時のラフ画や、本スペースにインスパイアされて完成させたという新作の巨大アクリル画などが展示されています。

この展覧会のために完成させたというアクリル画はここでしか見られない

高田明美さんのスペースは『クリィミーマミ』のイメージカラーであるパステルパープルに染められ、そこはかとなく良い匂いが漂っていました。

『クリィミーマミ』『パトレイバー』などの作品のラフを展示

大河原邦男さんのスペースにはメカニックデザインのラフ画だけでなく、大河原さんがデザインして商品化されたメカや、本人が実際に制作した『装甲騎兵ボトムズ』に登場するスコープドックのプロトタイプ、“芸者ガンダム”なども展示しています。

大河原先生といえば、のザクが存在感を放つ

それぞれの手がけた作品が、どのようにして世に出たのか……誰もが知る作品がほとんどなだけに、見ているだけでとても面白い。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます