【アニメ】聴こえなかった音が聴こえる! アニメ好きが「ハイレゾ」でアニソンを聴いてみた

ここ数年普及しはじめている「ハイレゾ」。例えばアニメ好きにとって聴き慣れた“アニソン”をハイレゾで聴いてみたら、どれだけ違いがあるのか…? 今回はガチのアニメ&音楽好きにハイレゾでアニソンを試聴してもらいました。

アニメが大好きで、音楽も大好き! そんな3人の男たちがこの度、ウレぴあ総研編集部より、「ハイレゾ音源でアニソンや声優ソングを聴いてみる」という機会をいただきました。

今回の試聴会は、ハイレゾ音源で配信されている楽曲の中から3人でプレイリストを作り、それらを聴き比べるという形式で開催。音楽は好きだけれど、普段は再生環境や音源の形式に特にこだわりがない3人故に、ハイレゾ初体験では素直で率直な感想が数多く出ました。

原音により近い音の再生が可能だというハイレゾ音源。果たして、そんな新しい音に触れたアニメ音楽ファンは、何を思うのでしょうか? 今回は、当日の様子を座談会形式でレポートさせていただきます。

左から、『SIGNA 01』と『SIGNA 02』 公式サイトより

なお今回はハイレゾ音源の試聴会ということで、先日発売されたJVC製のハイレゾ対応ヘッドホン『SIGNA 01』『SIGNA 02』をそれぞれ用意。こちらのヘッドホンを使って各楽曲を聴き比べてみました!

【座談会参加者】
住吉STRANGER:中高生の頃に、Hi-STANDARDによるパンクブームとNUMBER GIRLの登場で巻き起こったジャパニーズ・オルタナ・ムーヴメントの喧騒に巻き込まれ、音楽好きに。一方で、子どもの頃からアニメファンだった為、アニソンや声ソンも好き。最近、強く心震えた音楽ライヴは、FUJI ROCKで観たMotorheadのステージと、May'nさんの日本武道館公演。

テリー・ライス:幼少期より両親の影響から、洋楽を中心にロックやポップスに親しむ。年齢の割に、ジャズやプログレ、AOR等、渋めの音楽にも強い。同時に、アニメや漫画といった表現媒体にも精通しており、"テリー・ライス"のハンドルネームでBLOGやtwitterを中心に、アニメや音楽の感想を発信中。『極上生徒会』と藤子不二雄漫画とスティーリー・ダンが好き。

あまね丸:漫画のレビューを中心に、フリーのライターとして活動。現在、20代半ばと今回の座談会参加メンバーの中で、一番若い。相撲とボクシングも好きで、相撲の速報を行う仕事に就いていたことも。文系と体育会系、オタクとサブカルの狭間で、絶妙にバランスを取り続ける。

アニメファンで音楽ファンの3人、初のハイレゾ体験!

住吉:我々、初のハイレゾ体験ということで、各々、聴いてみたい楽曲を選んできてもらったんですが……まずは、『創聖のアクエリオン』を聴いてみたいと思います。

この曲は、楽器が沢山使ってあって、音のレイヤーが多いので、ハイレゾ音源でどういう風に聴こえるんだろうという点と、メジャーな楽曲ということで選んでみました。

あまね丸:『アクエリオン』カラオケに行った時の履歴で残ってる率、高いですからね。

早速、『創聖のアクエリオン』を聴いてみる

住吉:(『創聖のアクエリオン』を作曲した)菅野よう子さんの曲って音数が多いじゃないですか。この曲もそうで、ストリングスであるとか、バンドサウンドであるとか、そこにプラスしてコーラスとか色々なものが入っているのがクリアに聴こえるという。

テリー:ハイレゾ音源の方が音の分離は良い気がしますね。(CD音源では)聴こえなかった音で、オルガンの音が聴こえたりとか。全体的に鳴り物の音も良かったかな。

住吉:成る程、自分はベースでした。聴く人によっても、どの音が聴こえるかは変わりますね。ちょっと、自分はオルガンの音が分からなかったので、もう一回聴いてみたいと思います。

あまね丸:我々、読解力の差が……。

住吉:音に対して、"読解力"って言うのかね(笑)。

(もう一度、聴いてみる)

あまね丸:これ、普段は意識しなかったんですけど、"サ行"。"ス"とか"サ"とかが凄くよく聴こえるようになって、あとは、声が掠れるところとか、息を吹き込むところとか。

住吉:詩も綺麗に聴こえるね、うん。ヴォーカルも含めて、一個一個の楽器の音もセパレートして聴こえるから、それぞれの音を追い掛けられる。

テリー:やっぱり、この曲は菅野さんらしいなぁ、と思うんですけど、これだけ楽器が揃っているとオーケストラっぽく構成できるのかなぁ、というのを改めて思いましたね。

住吉:他の菅野サウンドも(ハイレゾ音源で)聴いてみたくなりませんか?

テリー:なりますね。これはなる。

あまね丸:やっぱり、こういうアニソンって複雑ですよね。

住吉:だからこそ、やっぱり音源にしろ再生機器しろ、こういうものが求められるようになったんじゃないですか? 真に迫って聴こうと思ったら。

テリー:これが2005年の楽曲で、その頃はハイレゾなんて当然、一般的じゃなくて、それ以前に映像ソフトのブルーレイが一般的じゃなかった(笑)。

あまね丸:もう10年経ってるんだ……。俺、当時、高校生だ。

テリー:ハハハハッ!(笑)

あまね丸:でも、やっぱり違う。ハイレゾ音源で聴くと音にシンフォニック感が増して、ファンタジックな雰囲気がより出てくる気がします。CD音源だと、バンドサウンドのジャカジャカ感が前に出ちゃうので。

住吉:この曲を選んで良かったですね。じゃあ、次の曲にいきますか?

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント