子どもにイライラ、夫にイライラ、妻にイライラ、仕事にイライラ…。
毎日の生活のなかで怒りの感情はつきものです。

怒りは「喜怒哀楽」のひとつ。人間にとってごくごく自然な感情。怒ってもいいんです。
ただし、怒っても怒らなくても「後悔しない」ことが大切。

大切な家族へ怒りをぶつけて後悔しないために、アンガーマネジメントを生活へ活かす方法をお伝えします。

アンガーマネジメントとは?

子どもへ対して「ああ、また感情的に怒りすぎてしまった」と後悔した経験はありませんか?逆に「なんであのときに怒らなかったのだろう?」と怒れず後悔した経験はありませんか?

アンガーマネジメントは、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになるための心理トレーニングです。決して、怒らなくなることではありません。

怒りのピークは「6秒」

怒りのピークは「6秒」といわれています。この6秒間は冷静な判断ができません。

もしこの6秒間になにか言ったり行動を起こしたりすれば、あなた自身後悔することになるでしょう。子どもに対しては、ただ強い感情をぶつけるだけになってしまいます。

では、怒りのピークの6秒をどのように過ごせばよいのでしょうか?

「ハピママ*」更新情報が受け取れます