【肉】“日本一高級(!?)な焼肉店”で発見! 超コスパ&激ウマ「裏メニュー」実食レポ

普段であれば手が届かない「超高級焼肉」。そんな中、日本一高級と言われる焼肉店で、高級肉を驚きの価格で食べられる「裏メニュー」が存在するらしい。果たしてそのメニューとは? 実際に食べてみた模様をレポート!

日本一高級と言われている焼肉店「Yamazon」とは!?

東京・渋谷に「日本一高級な焼肉店」があると聞きつけた牡丹餅は、さっそくネットで検索。調べてみると「セレブ御用達」「芸能人多数来店」など、高級感あふれる言葉が出てくる。

しかもリブロースが200gで\9,800……? えっ? \980じゃなくて??
あれっ? 200gっていったら、普通のステーキ1人前の量くらい?

焼肉だったら、この他に飲み物とかご飯を頼むと思うけど、2品目で1万円超えちゃうじゃん!! 計算が苦手な牡丹餅でも分かりやすく高い。

そんな超高級焼肉店「Yamazon」のチーフマネージャーである龍さんに、なんとかセレブじゃない人もA5ランクのお肉を楽しめるメニューは無いものか、聞いてみることに!!

……果たして、その結果は!?

シックな外観と個室タイプなお店はまさに「隠れ家」

ウワサの「焼肉Yamazon」は、渋谷駅から宮益坂上の交差点から左折し、清水とき・きものアカデミーやオフィスビルなどが立ち並ぶエリアにある。

見逃してしまいそうなくらいシンプルな外観だが、きっとこれが隠れ家らしさなのだ。

ここには芸能人やIT業界で成功を収める若い企業家が集まるそう。取材時も意外に若い年齢層のお客が焼肉を楽しんでいた。40代~50代のお客さんだと、お医者さんとかが多いのだとか。

ドアを開けた途端、目の前に高級感が広がる……いつも行っている焼き肉屋と匂いがまず違う。

焼肉Yamazonの料理長である岡田さんは、青山のリゾートレストラン・カシータにてGM料理長3年務め、横浜モノリス料理長、BLT STEAK TOKYOの立ち上げに料理長だった方。料理は焼肉だけでなく、ワインとよく合うフレンチフュージョンスタイルのコースを楽しむことができる。

そして、チーフマネージャーの龍さんは、HBA認定 シニアバーメン、SSI認定 唎酒師、シャンパーニュ騎士団 シュバリエを習得した、お酒のエキスパートなのだ。
今回このおふたりにワガママなお願いをしてみようと思う。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント