パナソニック、「ハウスダスト発見センサー」搭載のふとん掃除機

2015.9.30 15:3配信
MC-DF500G

パナソニックは、独自の「ハウスダスト発見センサー」を搭載し、紙パック式を採用したふとん掃除機「MC-DF500G」を11月20日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万円前後の見込み。

繊維、花粉、ダニの死骸やフンなど、ふとん特有の微細なゴミに合わせて感度を設定することで、約20μmのハウスダストを検知し、除去を目で見て確認できる「ハウスダスト発見センサー」を備えている。

ハウスダストがセンサを通過するとランプが赤く点灯するため、重点的に掃除が必要な場所がわかり、「ハウスダスト発見センサー」非搭載機と比較して、ゴミ除去量を約1.5倍向上した。

ふとん掃除機としては業界ではじめて、紙パック式を採用し、Y字形状の「ビートブラシ」が毎分6000回転の高速振動によって、ふとん生地のゴミをかきあげながら吸い込み、アレル物質を含むハウスダストを99%以上除去する。紙パック式なので、吸い込んだゴミを捨てる際にもホコリなどの舞い上がりを抑えられる。

本体には、新開発のハイパワーモーターでブラシを高速回転することで前方への走行をサポートする「スムースパワーノズル」を備えるとともに、後側の先端を鋭角にしたローラー付きの「スムースエッジ」形状によって引いた時の抵抗を減らし、後方へも進みやすくすることで往復走行をしやすくした。

このほか、薄いシーツの上でもふとんを押さえて均一かつ滑らかに吸い込める「スムースプレス」×6基、ふとんを軽く叩きながら吸い付きを抑え、本体を動かしやすくする「スムース回転ローラー」などを搭載し、ふとん掃除の負担を軽減する。カラーは、シルバー、ピンクシャンパンの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング