「ALIENWARE」の13インチコンパクトゲーミングノートPC、CPUはSkylake採用

2015.9.30 20:44配信
ALIENWARE 13

デルは、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」から、エントリーモデルのコンパクトゲーミングノートPCとして、13.3インチの「ALIENWARE 13」を9月29日に発売した。

すでに発売済みの「ALIENWARE 15」および「ALIENWARE 17」と共通のデザインを採用した薄型の本体に、第6世代インテルCoreプロセッサ(Skylake)、最新のUSB Type-Cを搭載。従来機種と比較して約5倍の帯域幅を持つPCIe SSDや、IGZOパネルのQHD+液晶ディスプレイに対応した。

グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 960Mを採用し、メモリ容量は8GB。インターフェースは、USB Type-C×1、USB3.0×2、HDMI 2.0出力×1、「Alienware Graphics Amplifier」接続用ポート×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポートなどを備えている。

対応無線通信は、IEEE802.11ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはWindows 10 Home 64ビット。サイズは幅328.0×高さ27.9×奥行き235.0mmで、重さは2.06kg。

ラインアップは、「スタンダード」「プレミアム」「プラチナ」の3モデル。

「スタンダード」は、CPUにインテルCore i5-6200Uを採用し、13.3インチワイドノングレアIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、500GBのハイブリッドSSD HDDを搭載している。税別価格は15万9980円。

「プレミアム」は、CPUにインテルCore i7-6500Uを採用し、13.3インチワイドノングレアIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、500GBのハイブリッドSSD HDDを搭載している。税別価格は17万9980円。

「プラチナ」は、CPUにインテルCore i7-6500Uを採用し、13.3インチワイド光沢IGZO IPS液晶ディスプレイ(解像度3200×1800)、256GBのPCIe SSDを搭載している。税別価格は22万9980円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング