【日本酒】全国1028銘柄からプロが選んだ“おすすめトップ12”はこれだ! 「蔵元を囲む会」潜入レポ

全国160以上の蔵元が参加、1028点もの日本酒から、品評の結果をランキングで発表する「SAKE COMPETITION」。日本酒ナビゲーターが、厳選なる審査を勝ち抜いた名酒を紹介。蔵元が集まるイベントの様子をレポします!

先日東京プリンスホテルで行われた「SAKE COMPETITION 2015 蔵元を囲む会」で、日本で一番美味しい市販酒が表彰されました。

今回は全国160以上の蔵元が参加し、1028点もの日本酒が出品され、厳選なる品評の結果をランキングで発表。

「SAKE COMPETITION 」は、各蔵元の自慢のお酒を集めて、同じ人間が一斉に評価をしたり、料理に合わせて美味しい日本酒の基準などを作ったりすることで、正しい評価基準を作り上げることを目標にしているそう。
そうと聞いたからには、日本酒ナビゲーターの牡丹餅がいかないわけには行きません!!

・・・・・とは言っても、この原稿が掲載されるのは「mimot.」。
編集部からは「ジャニーズ系のイケメンを探してこい」とか言われているし、できればたくさん美味しいお酒を飲みたいしで、まともにレポートする自信はありませんが、なんとなく日本酒っていいなってことが伝わればいいなと思います。

果たしてどんなレポートになることやら??

グラスを貰いったら、リストを見ながら試飲スタート!!

会場はすでにいい感じに酔っぱらった人たちが、楽しそうに盛り上がっています。お目当てのお酒を目指して、足早に蔵元を目指す人も。

さて、どこから行ったらいいかな。

正直言うと飲んだことがあるお酒が少ない。
先日のクランドサケマーケットの記事で紹介したお酒も見当たらない。

まだまだ勉強が足らないなと思いながら、どこへ行こうかリストを見ながらウロウロ。

あっ、私が日本酒を勉強しようと思った頃に、かなり話題になっていた「静岡 開運」を発見!!
ツアーで迷子になってしまった時に、同じバッヂをつけている人を見つけた時並みにホッとした。

こちらは『開運大吟醸 伝 波瀬正吉』

能登杜氏四天王の筆頭と称され、1968年から土井酒造場の杜氏を30年に亘って務めた故・波瀬正吉翁の名がついたお酒。

亡くなった杜氏の名を日本で初めてつけたお酒と言われているそうです。

飲んでみると華やかですっきりとした味わいで、ホッコリとした柔らかさが緊張をほぐしてくれる。一杯飲むと次もどんどん飲んでみたいという好奇心が強くなった!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント