メンバー発表!ハリルJが今年一番の大勝負に臨む

2015.10.1 18:20配信
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

10月1日、10月8日(木)・『2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選』シリア代表戦、13日(火)・『国際親善試合』イラン戦に臨む日本代表メンバーが発表された。ハリルホジッチ監督はシリア戦を今年最大のターゲットとし、イラン戦を文字通りテストマッチとして位置付けた。「(シリア戦は)今年で一番難しい試合になるだろう。シリアは我々のグループで1位だ。イラン戦では戦い方は変えないが、選手は替える。かなり強い相手なので、いいテストになるだろう」と語った。

日本代表23名のメンバーは以下の通り。
【GK】東口順昭(G大阪)、西川周作(浦和)、六反勇治(仙台)
【DF】丹羽大輝(G大阪)、長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、米倉恒貴(G大阪)、吉田麻也(サウサンプトン)、塩谷司(広島)、酒井高徳(ハンブルガー)
【MF】長谷部誠(フランクフルト)、柏木陽介(浦和)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(ハノーファー)、山口蛍(C大阪)、柴崎岳(鹿島)
【FW】岡崎慎司(レスター)、本田圭佑(ミラン)、原口元気(ベルリン)、宇佐美貴史(G大阪)、武藤嘉紀(マインツ)、南野拓実(ザルツブルク)

初選出となった20歳の南野、6月の合宿で負傷離脱した清武、『東アジアカップ』で選出するも負傷で合流が叶わなかった柏木、5月の合宿以来の召集となった塩谷について、ハリルホジッチ監督は次のように語った。

「(南野は)若い選手だが、非常に面白い選手。現代フットボールのアタッカーに適した選手だ。オフザボールの動きに優れていて、常にゴールを奪う、ゴールを取らせるポジションにいる。数年後、彼は日本代表の重要な選手になるだろう」
「清武はまだトップパフォーマンスではない。ただ、ディスカッションするなかで呼ぶことを決断した。彼はビルドアップのクオリティが高く、前節にはゴールを決めている。パフォーマンスを戻すためにはまだ数試合が必要だが、一緒に来てもらう」
「(柏木は)ボールを奪ってほしいが、特に後ろから攻撃を組み立てることに期待している。日本の中盤は左利きが少ない。彼のクオリティを代表で見せてほしい」
「塩谷はケガをしていて『東アジア杯』に呼べなかった。今回は彼が存在感を発揮するチャンスでもある。クラブではCBとして出場しているが、代表では右SBとして競争してほしい」

シリア戦、イラン戦を通して、ハリルホジッチ監督はチームのアイデンティティを植え付けようとしている。「我々はグラウンダーのパスで攻撃を組み立てている。相手DFの背後を狙う、サイドチェンジをする。それをスピーディにやろうとしている」。内容だけではない。指揮官は結果も求める。「まず集中しているのはシリア戦だ。シリア戦は一番難しく、一番重要な試合だ。ここでまずい結果が出れば、我々は『2次予選』の1位がなくなる」と警戒する。オマーンでのシリア戦、敵地に乗り込むイラン戦で、ハリルホジッチ監督は内容と結果の両立を目指す。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング