映画『宇宙兄弟』が完成! 小栗旬、結婚後初めて公の場に

2012.3.28 21:00配信
『宇宙兄弟』舞台あいさつの模様

週刊『モーニング』誌で連載されている小山宙哉の同名コミックを豪華キャストで実写化した映画『宇宙兄弟』のジャパンプレミアが28日に、都内で開催され、主演を務める小栗旬と岡田将生、共演の堤真一、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省、森義隆監督が舞台あいさつを行った。

その他の写真

小栗は、女優でタレントの山田優との結婚を発表して以来、公の場に立つのはこの日が初めてとあって、多くのファンが駆けつけた会場は祝福ムード。客席から「おめでとう」と祝福の声が上がると、少し照れくさそうな表情で「ありがとうございます」と一礼。「この話題ばっかりになるのもアレなんで、ぜひ映画のことをちゃんと伝えてもらえたら」とメッセージを送った。

会社をクビになり無職になった兄・ムッタ(小栗)と宇宙飛行士になった弟・ヒビト(岡田)。少年時代に宇宙を目指す約束を交わしたふたりが、人生の紆余曲折を経験しながらも、互いに宇宙を目指して奮闘する姿を描く。“本物”を追求するべく、日本映画としては異例のNASAケネディ宇宙センターでのロケを敢行。さらに、宇宙飛行士の野口聡一氏とバズ・オルドリン氏が本人役で出演し、作品にさらなるリアリティーを与えている。

アフロヘアで主人公を熱演した小栗は「先に観た岡田君から『すごい作品に仕上がった』と連絡があって、じゃあ今回はお客さんの気分で観ようかなと。そしたら、すげー面白い映画で。監督、やりましたねえ!」と森監督を褒めちぎり、「夢と興奮が詰まっている」とアピールした。一方、岡田は「初めて“カッコいい岡田将生”を見ていただけるんじゃないかと思います」と宇宙飛行士役に自信満々。今回、共演した感想を「僕自身は末っ子。弟がいるっていうのがこういう形で実現してうれしい」(小栗)、「僕もいいお兄ちゃんができたという感覚。いろんなことを相談した」(岡田)と語り、すっかり意気投合した様子だった。

そんな若手キャストに目を細める、JAXA職員で宇宙飛行士選抜試験官を演じた堤は、「若い人たちが素敵に映った作品で、僕はとにかく足を引っ張らないようにしようと思った。特に小栗旬の役は難しかったと思う。本当に、今の若い方はお上手」と小栗、岡田らの奮闘を大絶賛していた。

『宇宙兄弟』
5月5日(土)より全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング