奇妙な人々が誘う笑いと涙と感動の舞台、開幕!

2015.10.2 16:20配信
舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』稽古場より 撮影:加藤幸広 舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』稽古場より 撮影:加藤幸広

後藤ひろひと作、G2演出による舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』がキャストを一新し、10年ぶりに再登場する。誰からも敬遠される醜い容姿を持つ男・カビ人間(佐藤隆太)や、気持ちと反対の言葉が出てしまう娘・おさえ(上西星来)など、不思議な病に冒された人々が織りなす笑いと冒険と感動のダーク・ファンタジーだ。10月3日の開幕を前に、豪華出演陣が揃った稽古場を訪れた。

舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』チケット情報

立ち稽古は、旅行中の真奈美(大塚千弘)と聡(白洲迅)が、山小屋の老人(吉野圭吾)の語る不思議な物語の世界へと引きずり込まれる冒頭シーンから始まった。小西遼生、篠井英介、村井國夫、マギーや後藤といった巧者たちが個性的なダンスで次々に現れると、物語の背景は奇妙な町へと移り変わる。賑やかな群衆シーンの稽古が何度も繰り返されるが、王様役の後藤がその都度違う笑いのネタを差し挟み、共演者やスタッフの爆笑を誘う。うなずきながらほくそ笑んでいるのは演出のG2だ。続いて舞台中央からカビ人間役の佐藤が爽やかに登場すると、途端に人々の表情は曇り始めて……。どこから見ても好青年の佐藤・カビ人間が、周囲から疎ましがられている様子を全員のダンスと語りで表現。謎を生み、興味をそそる幕開けである。集中しながらも、全員がのびのびと自由に芝居作りを楽しんでいる雰囲気が見てとれた。

「もとは僕が小劇場で活動していた時に書いた作品なんです。今回はその空気をよくわかっている篠井さんがいてくれて嬉しい。一番信頼してます」と後藤。その言葉を受けて「この作品の混沌としたエネルギー、小劇場らしいハチャメチャさはすごくチャーミング」と絶賛する篠井。篠井が演じるのは敵役となる“シスター”だ。前回までの“神父”のキャラクターを、篠井自らが得意とする女性役に変更を提案。後藤も「素晴らしいアイデア!」と直ちに改訂に着手したという。新生『カビ人間』の根幹となるふたりに話しを聞いた。

「小劇場出身の僕らってむやみなエネルギーがあるよね(笑)。とくにファンタジーは、お客様をねじ伏せるように納得させて、楽しませるパワーが必要なんです」(篠井)

「そう。若い俳優さんたちは真面目で、どこか理詰めなところがあるからね。英介さんは笑わせるところとちゃんと押さえるところの区別をしっかりした上で、がむしゃらに演じてくれる。若者に見せるべき姿だと思いますよ」(後藤)

主演を務める佐藤隆太について、後藤は「今までで一番美しいカビ人間。こんな素敵な男の子をなぜ嫌うの?となることが作品の本質。…って過去に演じた俳優さんに怒られそうだけど!(笑)」と期待を寄せる。芸達者たちが全力で挑む奇妙なファンタジーの世界、不思議体験の幕開きはもうすぐだ。

「稽古場では絶対にコメディは出来上がらないんです。笑いは役者同士の呼吸じゃなく、役者とお客さんとの呼吸で生まれるものですからね。ぜひ劇場で、美しいミラクルを感じていただきたいと思います」(後藤)

10月3日(土)から25日(日)まで東京・PARCO劇場にて。

文:上野紀子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング