上西星来、ヒロイン抜てきも「プレッシャーは無い」 水野真紀、中越典子が演じてきた難役に挑戦

2015.10.2 19:32配信
(前列左から)篠井英介、佐藤隆太、上西星来、(後列左から)大塚千弘、白洲迅、小西遼生

 舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」の公開舞台げいこ&キャスト囲み取材が2日、東京都内で行われ、出演者の佐藤隆太、上西星来(東京パフォーマンスドール)、白洲迅、大塚千弘、小西遼生、篠井英介が登壇した。

 本作は、G2演出による“伝説の大人ファンタジー”の再々演。中世を思わせる架空の町を舞台に、心と体が入れ替わりカビだらけの外見に澄んだ心をもつ青年(佐藤)と、思ったことと反対のことしか話せない少女おさえ(上西)の淡い恋を描く。

 初日を明日に控え、佐藤は「いよいよということでドキドキしています。本気で笑えて本気で泣ける極上のエンターテインメントになっています」と元気にアピール。

 演出のG2については「僕らのちょっとした変化にも“それいいね”とすぐ反応してくださるので、うれしくもあるけどちょっと怖くもあった。こっちが一瞬でも気を抜くと『ちょっとそこ甘いよ』と言われてしまうので…」と苦笑いを浮かべながらも「刺激的な稽古場だった」と充実感をにじませた。

 おさえを演じる上西も、特殊な役とあって「間違って(本当に)思っていることを言ってしまったり、感情が入るとせりふが出てこなかったり…」と稽古での苦労を明かしつつ「何度も練習を積んできたのでもう大丈夫」と仕上がりに自信を見せた。

 おさえ役は、2002年版で水野真紀、2005年版で中越典子が演じた大役。上西は「台本を読んで、自分が思い描いたおさえと、(過去の作品の)DVDの中のおさえが、全然違う(役の)捉え方だったので“上西星来のおさえ”をやろうと思った」といい、プレッシャーについても「自分は自分なので…多分ないです!」と笑顔を見せた。

 舞台は3日~25日、都内、パルコ劇場を皮切りに、広島、福岡、大阪、仙台、札幌で上演予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング