山崎賢人“二十歳”を振り返り充実感を語る 「挑戦と変化がすごくあった」

2015.10.2 19:44配信
出版記念の握手会を行った山崎賢人

 メモリアルBOOK『Scene #20』の新刊発売記念握手会および取材会見が2日、東京都内で行われ、山崎賢人が出席した。

 本書は、山崎の20歳の1年間に密着したメモリアルBOOK。初めてDVDが付くほか、『週刊ザテレビジョン』連載の「僕の空間(アキスペース)」の全24回も収録された。山崎は「仕事や趣味や挑戦したいことなど、いろいろな二十歳の1年間が詰まった作品になっていると思います」とアピールした。

 山崎は、水中で撮影された見開きカットを一番のお気に入りに挙げ「カメラマンの方も一緒にプールに入って、息を止めながら頑張りました」とはにかみながら笑顔を見せた。「すごいインパクトで、想像していたよりもずっとレンズが近くて、いい写真が撮れました。ほぼ水の中で、この撮影自体がすごく楽しかった」と振り返った。

 NHK朝の連続小説「まれ」や日本テレビ系連続ドラマ「デスノート」のほか、映画出演も続くなど、人気者となった山崎は、二十歳の1年間について「挑戦と変化がすごくありました。二十歳のタイミングでいろいろなことができて、自分を見詰め直すというか、これからどういう人生になっていくのだろうということを考えた年でした。全然答えは見付からなかったけど」と苦笑を浮かべた。

 この日の握手会には抽選で選ばれたファン2000人が集まっており、環境やファン層の変化を問われると「環境の変化というか、たくさんの方に知っていただきました。『まれ』を毎日楽しみにしているよと声を掛けてもらうと、いろいろな人に希望なども与えられているんだと思ってうれしかった。年齢層が上の人にも応援していただいた」と充実感を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング