嘘をつかない人はいませんし、小さな嘘はだれしもつくでしょう。しかし、それが度を越していたら困りますよね。もし彼が「嘘つきオトコ」だったら……。

今回は、嘘つきオトコの生態と見抜き方について、迫りたいと思います。

嘘つきオトコの生態

モテる

嘘つきオトコはときに怪しい魅力を放つので、モテることがあります。それも当然、魅力的に見える嘘をつくからなのですが……。

不利なことは嘘で隠してしまうので、モテるようです。

仕事が続かない・仕事に熱心でない

その一瞬だけ楽しければいいという思考のため、仕事に対し一生懸命にならないようです。フラフラと行き当たりばったりで嘘をついているので、仕事に打ち込むこともありません。

まず、仕事で怒られたり責められるのが嫌い。正直に生きて怒られたくないのでしょう。

実は深い友達がいない

通常のコミュニケーションをとれないので、人と長期的な付き合いはできないでしょう。女性にだけ嘘をつき、友達には嘘をつかない……ということはありません。

ということは友達に「あいつは嘘つくから」と見下されているかも。その結果、対等な関係の友達が少ないと思います。

困ったときに助け合うこともなく、相手に都合良く使い使われて、表面的な人間関係しか築けないでしょう。

嘘つきオトコの見抜き方

話が大きい

感動的な生い立ちなど大げさな話をしたり、たとえば一部参加したプロジェクトを「俺を中心として」など話が大きくなる場合は注意して。

言っていることが前と違う

「行ったことがない」と以前に聞いたのに「そこ、昔に行ったよ」などと違うことを言う。会話の中で「あれ?」と思うことがあったら、それを覚えておきましょう。

長く付き合った彼女がいない

長続きしないのは理由があるはず。彼女が彼の嘘に愛想をつかして……と言うこともあり得ます。いつも「短期間で別れてしまう」のなら、要注意です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます