木村拓哉×三池崇史監督の新作映画が制作決定!

2015.10.5 10:9配信
『無限の住人』を手がける三池崇史監督(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

沙村広明のコミック『無限の住人』が、木村拓哉主演、三池崇史監督で映画化されることが決定した。不老不死の肉体をもつ主人公が両親を殺された少女と共に剣客集団に戦いを挑む姿を描いた異色時代劇だ。

その他の情報/『無限の住人』が実写映画化

原作は1993年から2002年まで月刊アフタヌーンに連載された同名コミックで、江戸時代の日本を舞台に、不老不死の肉体をもつ主人公・万次が、剣客集団・逸刀流に両親を殺されて復讐を誓う少女・浅野凜と共に逸刀流との戦いに身を投じる姿を描いたもの。

「今回参加するにあたって三池崇史さんという存在が大きかった」という木村は「映画監督に求められるというのは役者にとって最もありがたいことなので『三池崇史監督が僕のことを要してくださった』という事実に、自分の中でなんかざわめいた、という気持ちがありました」とコメント。「監督もプロデューサーも目線の先に海外を意識しているなと感じましたし、僕自身もヨーロッパはじめ海外の方々にも観ていただけたらと思っていますが、まずはしっかり演じることだと思っています。あとは、三池監督がアクションにしてもドラマにしても、三池監督のエンターテイメントにしてくれるので、もちろん自分の“個”はありますけど、現場では監督の求める“素材のひとつ”だと思うので、共演者、スタッフと集中して現場に臨みたいと思います」と意気込みを語っている。

日本だけでなく海外にも熱狂的なファンの多い三池監督はこれまでも数々のコミックを実写化し、活劇、時代劇も手がけてきたが、本作は特別な作品なようで「昭和と平成を串刺しにするスーパースター・木村拓哉を用心棒(主人公の万次)につけた我ら映画界の逸刀流・三池組は世界最強である。これはそういう映画です」と語っている。

撮影は11月から開始され、2017年にワーナー・ブラザースの配給で公開になる。

『無限の住人』
2017年 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング