ヤマハ、無線LANやUSB DAC機能を搭載したネットワーク・パワードスピーカー

2015.10.5 12:38配信
NX-N500

ヤマハは、無線LANやBluetoothによって、スマートフォン/タブレット端末内の音楽のワイヤレス再生や、専用アプリを使った操作を可能にした、USB DAC機能搭載ネットワーク・パワードスピーカー「NX-N500」を10月下旬に発売する。2本1組で、税別価格は10万円。

米ESSテクノロジーの32ビット/2ch仕様高性能D/Aコンバーター「SABRE 32」(ES9010K2M)と、英XMOSセミコンダクターの最新USBオーディオプロセッサーによるアシンクロナス再生対応のUSB DAC機能を備えている。DSD 5.6MHzネイティブおよびPCM 384kHz/32ビットをはじめとする、さまざまなハイレゾ音源の再生に対応する。

パワーアンプ部は、ツィーター用、ウーファー用それぞれのアンプ回路を搭載したバイアンプ構成で、音質にこだわったアナログ方式のパワーアンプと、スピーカー間の相互干渉を受けにくいバイアンプ構成によって、クリアで開放的なサウンドを再生できる。

D/Aコンバーター出力から左右パワーアンプ入力への音声接続には、バランス伝送方式を採用し、ノイズの影響や情報量の欠落を最小限に抑えるとともに、左右スピーカーの音量差を最小にすることで、全体的なS/Nをさらに向上した。

ネットワーク機能は、有線LAN、無線LAN、Bluetoothを備えており、家庭内に設置した複数の対応音響機器の操作や、対応機器間での音楽コンテンツ共有などが可能な独自機能「MusicCast」に対応しているので、スマートフォン/タブレット端末から専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」を使って、音楽コンテンツの配信/受信ができる。

その他のネットワーク音楽再生機能としては、AirPlay、vTuner、radikoに対応し、Bluetooth接続ではAACコーデックによって高音質なワイヤレス音楽再生を楽しめる。

スピーカーユニットには、ピュアオーディオ用スピーカーと同じ素材を使用した「New A-PMD振動板」による13cmウーファー、広帯域再生と中高域の表現力を両立する3cmソフトドームツィーターを搭載し、エンクロージャーには伝統の三方留め構造と肉厚MDFを採用した。音声入力端子は、USB×1系統、光デジタル×1系統、AUX×1系統を備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング