誰しもの心のなかに存在する、理想の結婚相手。「できれば、高収入で〜」などと書き出してみるとどんどん条件が出てきたりしますよね。

ですが、結婚情報サイト『結婚相談所くらべーる』を運営する株式会社ベーシックがおこなった「結婚相手に求める条件に関する意識調査」によると、理想の結婚相手と妥協した相手に求める条件には大きな差があることが明らかに!

「年収が高くて、身長が高くて……」といった理想の結婚相手と出会い付き合うために必要なポイントとともご紹介します。

やっぱり理想の結婚相手は「三高」!

20代〜30代の女性211名を対象に「理想の結婚相手に求める“年収”はいくらですか?」と質問したところ、1位が「500〜599万」(21.3%)、2位が「600〜699万」(20.9%)、3位が「400〜499万」(17.5%)という結果に。

厚生労働省がおこなっている「賃金構造基本統計調査」によれば、20代男性の平均年収は約350万円、30代男性の平均年収は約483万円なので、半数近い女性が「自身の年代の平均年収よりも多めに稼いでいる男性が理想」と考えていることが分かります。

つづいて、理想の結婚相手の最終学歴について聞いてみると、全体の46.0%が「4年制大学卒業」と回答しました。

ですが「こだわりはない」という回答も38.4%を占めていることから、理想の結婚相手の条件として学歴はあまり重視されていないことが分かります。

最後に「結婚相手に求める、理想の身長は?」と質問したところ、「170〜179cm」を選んだ女性が全体の64.9%に及びました。

その次に多かったのが「180cm以上」(10.4%)と、身長はできるだけ高い人を理想の結婚相手として選びたい女性が多いようです。

まだまだ「高収入・高学歴・高身長の“三高”の相手と結婚したい!」と希望している女性が大半を占めていることが明らかになりました。

婚活では(現実を知って)最低条件を設定している人多し!

ですが、実際に婚活を始めたり男性と出会ってみたりすると「“三高”の相手なんて、そうそういないんだ……」と、現実を突きつけられます。

そこで「愛があれば乗り越えられると思う結婚相手への最低条件についても質問をしてみました。

年収については、1位が「300〜399万円」(34.1%)、2位が「400〜499万」(28.0%)と半数以上を占める結果に。

「20・30代の平均年収があればよい」と、理想の結婚相手に求める年収よりも100〜200万円減額している女性が多いことが分かります。

最終学歴に関しても、全体の73.0%「中卒・高卒」「高専・短大・専門学校卒」であっても、愛さえあれば乗り越えられると回答。

実際、最終学歴が大卒でなくても、会社でしっかりとしたポストについて仕事をこなし、稼いでいる男性は多くいます。そういった意味では、学歴は結婚相手の条件から外してもいいくらいではないでしょうか。

そして、身長! 理想の結婚相手よりも10cm以上低い「160〜169cm」の男性を愛があれば選んでしまうという女性が全体の48.3%を占めました。

ただ2位は「170〜179cm」(20.9%)というところを見ると、「最低でも私より身長は高い人がいい……」という女性たちの本音が見え隠れする結果となっています。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます