ルー大柴“1日限定花嫁”のマイコラス夫人にご満悦 「非常にハッピー、ビューティフル」

2015.10.6 14:27配信
イベントに出席したローレン・マイコラス夫人(左)とルー大柴

 映画『アデライン、100年目の恋』の公開直前イベントが6日、東京都内で行われ、プロ野球、読売ジャイアンツのマイルズ・マイコラス投手の“美人過ぎる妻”として話題のローレン・マイコラス夫人とルー大柴が出席した。

 ブレイク・ライヴリーが主演する本作は、ある出来事をきっかけに老化が止まり、永遠の29歳を生き続ける孤独な女性が100年の時を経て真実の愛を見付けだすまでの大人のラブストーリーを描く。

 1920年代風のクラシカルなウエディングドレスに身を包んだローレン夫人と“1日限定新郎新婦”として登場したルーは「非常にハッピー。ビューティフルですから。ジャパンにいる方の中でナンバーワンではないでしょうか」と褒めちぎり、ローレン夫人もルーのタキシード姿について「とてもすてき。似合っています」と笑顔を見せた。

 ウエディングドレスは自身の結婚式以来で「自分の結婚式のことを思い出します」と話すローレン夫人に、ルーも「僕は35年かそこら前に、ハワイでワイフと二人だけでトゥギャザーでやりました。ドキドキしてチキンスキン(鳥肌)。指輪チェンジの時も少し震えていましたね」と“ルー語”で振り返って笑わせた。

 ルーは、ルー語以外にもあいさつからトークまでローレン夫人の英語を理解して直接会話し、通訳の女性より早く訳すなど大活躍した。「僕の事を知っていた?」と英語で問い掛けてコミュニケーションも取れており、ローレン夫人もルーの英語力について「分かります。楽しくていい人で友達になれます」と太鼓判を押した。

 また、ルーから「お子さんの予定は?」と問われたローレン夫人は、「来年か再来年ぐらいに作りたくて、今うずうずして真剣に考え始めています。主人を父親にしたいし、(子どもと)キャッチボールをしている姿を見たい。いつか温かい家庭を経験したいです」と期待に胸を膨らませた。

 映画は10月17日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング