優しかった彼が「ダメ夫」になった原因は? 幸せが逃げて行く「薄幸妻」の特徴

世の妻たちよ! 新婚当初は優しかったパートナーが“ダメ夫”に変わり果ててしまっていませんか? その理由が、もし奥さんにあるとしたらどうよ。 "ダメ夫"を作ってしまう“薄幸妻”について、並外れた幸の薄さのヒロインが登場するフランス映画を参考に考えてみました。

世の妻たちよ! 新婚当初は優しくて頼り甲斐があった愛しいパートナーが、いつからか、優しくも頼り甲斐もない“ダメ夫”に変わり果ててはいませんか。

彼がそうなってしまったのは、彼自身のせい? もし、奥さんにも原因の一端があるとしたらどうでしょう

妻としての務めを怠ったからではなく、むしろ逆。妻が夫に献身しすぎても、裏目に出てしまう場合があります。

今回は、フランス映画『居酒屋』(1956)を参考に、ダメ夫を作ってしまう“薄幸妻”について考えてみようかと。

幸せが遠のくのは、妻自身のせい!?

ざっと説明しますと、『居酒屋』はエミール・ゾラの名作をルネ・クレマン監督がヴィジュアル化した作品です。見ると、ヒロイン・ジェルヴェーズの並外れた幸の薄さに、唖然呆然とさせられます。

最初の夫ランチエは、女癖が悪くて怠け者。彼と別れたジェルヴェーズは、その後、パリの下町で自分の店を持つという、ステキな夢をかなえます。

お店は繁盛! しかしその陰で、今度こそ実直で優しいひと…だったハズの二番目の夫クポーが、やはり怠け癖にとりつかれちゃうんだなぁ。開業したジェルヴェーズが仕事に精を出すのを尻目に、クポーはランチエ以上に堕落の一途をたどるのです。

男運が悪すぎますよね。

それだけでは終わらず、彼女が最も恐れる存在ランチエを、クポーは兄弟のようにあたたかく迎え入れてしまいます。悪夢のような共同生活で、ジェルヴェーズのメンタルはぼろぼろに……。

なんて気の毒なのだろうと心から思いますが、こうなってしまう原因は彼女のほうにもあるような?!

“薄幸妻”の特徴(1) 妻が頑張りすぎる

女性の中には、外見は美しいのにどことなく惨めっぽくて、夫を酒や浪費や浮気に走らせやすい、薄幸妻とでも呼びたくようなタイプの人がいます。ジェルヴェーズは、典型的な薄幸妻の特徴を備えた女。

その特徴とは、自分一人で苦境に耐えて、頑張りすぎるところ。

夫が働かなくなっても、大酒飲みでもお金を使い込んでも、自らの稼ぎでどうにかやりくりしちゃう。ダメ夫を家から閉め出そうとはしないし、「そんなことばっかりやってるんなら、あたしが出ていくよ!」と切り出す気配もありません。

ひたむきに生きる女性って、魅力的ですよね。

しかし、これは男に利用されそうな頑張り方だわ……。

そういう妻の間違った頑張り方が、ダメ夫の中にあるダメさを極限まで引き出し、妻への依存度を高めていくという、悪循環を生み出すことに!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント