片岡愛之助が歌舞伎界初のメガネベストドレッサー賞 交際中・藤原紀香に「メールでもしておきます」

2015.10.7 14:40配信
メガネベストドレッサー賞の文化界部門を受賞した片岡愛之助

 今メガネのもっとも似合う各界の著名人を表彰する「第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」の表彰式が6日、東京都内で行われ、受賞者の岸田文雄外務大臣(政界部門)、幻冬舎代表取締役社長の見城徹氏(経済界部門)、片岡愛之助(文化界部門)、桐谷美玲(芸能界部門 女性)、ピースの又吉直樹(芸能界部門 男性)、中村アン(サングラス部門)、乃木坂46(特別賞)が出席した。

 愛之助は「先輩にもメガネをかけている方がたくさんいらっしゃるけど、歌舞伎役者からは初めてということで非常に驚きました」と歌舞伎界からの受賞を喜んだ。メガネをかけはじめたきっかけについては「舞台に立つとライトが当たって、なるべくまばたきをしない方が良いとされているので、だんだん目が悪くなっていってしまった」と明かした。

 メガネをかけて行きたいところを問われると「海外に行きたい。よく週刊誌で(僕が)海外旅行するという噂を見るけど、すごいなと思う。切符も買っていないのにどうやって行くのだろう」と苦笑し、「あまり行ったことがないのでどこでもいい、頑張って行ってみたいです」と語った。

 また、会見の前には「受賞以外の質問はNGと事務所から強く言われている」と事務局から説明があり、交際中の女優・藤原紀香に対する質問は自粛の雰囲気に。受賞の喜びは「まずは皆さんにお伝えしたい」という愛之助に、報道陣が「ほかには誰に?」と食い下がると「それ以外ですか? メールでもしておきます」と藤原への報告を匂わせた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング