第16回東京フィルメックス、ラインナップ発表

2015.10.7 16:7配信
第16回東京フィルメックス・ラインナップ発表会見の模様

第16回東京フィルメックスのラインナップ発表会見が10月7日に、東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で行われた。アジアの新進作家がしのぎを削るコンペティション部門には全10作品がエントリーされ、ディレクターを務める林加奈子氏は「どれも揺るぎない覚悟を感じさせるものばかり。映画の未来を担う10本が揃った」と期待を寄せた。

その他の写真

また、会見には最新作『ひそひそ星』が特別招待作品としてオープニング上映される園子温監督が駆けつけ、「日劇という大きな小屋で上映してもらえるのは名誉なこと。国内でもすばらしい第一歩を踏み出せて、幸せです」とあいさつした。福島県でロケを敢行し、ロボットが8割、人間が2割になった近未来を描いた異色のSF作品で、今年9月に第40回トロント国際映画祭NETPAC賞を受賞したばかり。独立プロ「シオンプロダクション」の第1回作品にあたり、「今後、1年に1本作品を作っていきたい」と抱負を語った。

『ひそひそ星』をはじめ、ジャ・ジャンクー監督の『山河故人』、ジョニー・トー監督の『華麗上班族』などフィルメックス常連監督の最新作、今年のベルリン映画祭で金熊賞を受賞したイラン映画『タクシー』、ヴェネチア映画祭で好評を博したピーター・チャン監督の『最愛の子』などが特別招待作品として上映される。

また、ジャック・タチの創作活動に大きな貢献を果たした才人ピエール・エテックス監督の日本未公開作品の上映や、ホウ・シャオシェン監督、ツァイ・ミンリャン監督の特集上映など例年以上に多彩で豪華なラインナップも発表されている。

【コンペティション部門】
『わたしの坊や』(カザフスタン/ジャンナ・イサバエヴァ監督)
『白い光の闇』(スリランカ/ヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督)
『黒い雌鶏』(ネパール、フランス、ドイツ/ミン・バハドゥル・バム監督)
『消失点』(タイ/ジャッカワーン・ニンタムロン監督)
『人質交換』(フィリピン/レムトン・シエガ・ズアソラ監督)
『酔生夢死』(台湾/チャン・ツォーチ監督)
『タルロ』(中国/ペマツェテン監督)
『コインロッカーの女』(韓国/ハン・ジュニ監督)
『クズとブスとゲス』(日本/奥田庸介監督)

第16回東京フィルメックス
11月21日(土)から11月29日(日)まで
有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇、有楽町スバル座にて開催

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング