『ピッチ・パーフェクト2』主演&監督が語る特別映像

2015.10.7 18:4配信
『ピッチ・パーフェクト2』(C)Universal Pictures

日本でも大ヒットを記録した青春ミュージカル映画の続編『ピッチ・パーフェクト』の特別映像が公開になり、主演のアナ・ケンドリックと、出演だけでなく監督も務めたエリザベス・バンクスが作品の魅力について語っている。

その他の画像/特別映像

本シリーズは、女性のみのアカペラ・チームに所属することになった主人公ベッカと仲間たちが、様々な困難を乗り越えて、成長し、友情を築き上げていく姿を描いた作品で、前作は2012年に全世界で大ヒットを記録。待望の続編では舞台を国内大会から世界大会に移して、さらに魅力的なハーモニーが鳴り響く。

舞台経験もあり、圧倒的な歌唱力を誇るケンドリックが引き続き主人公ベッカを演じるが、映像で彼女は本作の物語と、劇中で彼女たちのライバルになるドイツ代表のチーム“DSM”について紹介。歌、パフォーマンス、演出などの面で圧倒的な完成度を誇るDSMはケンドリックが観ても魅力的な存在のようだ。

前作では製作と出演を担当したバンクスは本作で監督に就任。俳優としても活躍している彼女は、希望していた長編映画の監督に就き、本作を「私がやってきたことの集大成」だという。そこで彼女が続編で掲げたテーマは“卒業”だ。映像で彼女は「今回、みんなは再び別々の道を歩むことになる。いわば巣立ちの話なの。旅立つことの不安や、彼女たちがあとに残していくものを描きたかった」と説明する。

前作はベッカと仲間たちがひとつのチームになるまでが描かれたが、新作ではさらにパワーアップした歌やパフォーマンスと共に新たな展開が描かれるようだ。

『ピッチ・パーフェクト2』
10月9日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて先行ロードショー
10月16日(金)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング