花組『新源氏物語』で明日海りおが美しき源氏に

2015.10.7 19:25配信
宝塚歌劇花組公演『新源氏物語』より 撮影:三上富之 宝塚歌劇花組公演『新源氏物語』より 撮影:三上富之

宝塚歌劇花組公演『新源氏物語』『Melodia-熱く美しき旋律-』が10月2日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。1981年に初演された本作は、芥川賞など数多くの受賞歴を持つ小説家・田辺聖子が1978年に上梓した『新源氏物語』をもとに作られた作品。26年ぶり3度目の上演となる今回、圧倒的に美しいビジュアルと色気を持ち、歌唱力にも定評のあるトップスター・明日海(あすみ)りおが“光の君”を演じ、観る者を魅了している。

宝塚歌劇花組『新源氏物語』チケット情報

華やかな平安の宮廷を背景に、光源氏の愛と苦悩をドラマチックに描いた本作。幼い頃に母・桐壺の更衣を亡くした源氏は、母に生き写しの桐壺帝の妃、藤壺の女御に恋慕の情を抱いていた。美しい青年に成長した源氏は溢れる想いを抑えきれず、ある夜、藤壺と一夜を過ごす。その後、秘密の恋に苦しむ源氏は、藤壺の面影を追って、さまざまな女人との逢瀬を重ねていく…。

パッと照明がステージを照らした瞬間、壮大で美しい舞台が目に飛び込む。まるで絢爛豪華な日本画を見ているようなプロローグで、観客をその世界へと誘導していく。そしてその中でしっとりと舞い踊る明日海の、並み外れた美しさにうっとり。当代きっての美男子を気品の高さも漂わせながら繊細に演じているが、藤壺との逢瀬では、激しく情熱的に狂おしい愛を表現する。藤壺を演じるトップ娘役、花乃(かの)まりあも、義理の母としての母性を感じるたおやかな雰囲気と、女性としての葛藤をバランスよく見せている。また、芹香斗亜(せりか・とあ)は、源氏の随身である惟光を実直に表現。源氏に激しい愛情を持つ六条御息所を演じるのは、柚香光(ゆずか・れい)。抑えた演技ながらも、生霊にもなる強い思いを内に持つ御息所を丁寧に体現する。さらに後半では、頭中将の息子・柏木役をフレッシュさと熱さを持って演じている。

第二部のショーは、熱く美しいメロディと躍動感あふれる歌と踊りで見せる。クラシカルな雰囲気でスタートしたかと思えば、一瞬にしてトロピカルカラーの衣裳に変わり、カルナバルのホットな群舞を展開する。ジャズのリズムに乗せたクールなシーン、煌びやかでエキゾチックなシーン、情熱的なデュエットダンス、大人っぽい黒燕尾の群舞など、瞬きする間も惜しいシーンが次々と続いていく。明日海を中心とするフレッシュな花組生が見せるエネルギッシュなステージ。お芝居の華やかで美しい、しっとりとした世界観とのギャップを楽しんで。

兵庫・宝塚大劇場公演は11月9日(月)まで。11月27日(金) ~ 12月27日(日)まで、東京宝塚劇場にて上演される。東京公演のチケットは10月25日(日)より一般発売開始。

取材・文:黒石悦子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング