冬が近づくにつれて、人肌恋しくなるもの…。誰かに寄り添いたいけど、「誰でもイイってワケじゃない!」がオンナの本音。

でも、つい“寂しさ”に負けて、目の前の“誘惑”に飛びついてしまうことがありますよね。そんなとき、自分の気持ちにウソをつきながら、交際を続けますか? それともカレにはっきり別れを告げますか?

『恋学』が行ったインターネット調査「恋人から別れを告げられるなら?」を参考に、デキる女のスマートな別れ方を探ってみましたよ。

1:「直接会って」別れるのがデキる女の証

出典:株式会社リンクバル

男性を対象に「恋人から別れを告げられるなら?」と質問したところ、なんと半数以上(64%)が「直接会って」と回答。たとえ短い期間でも、パートナーに誠意を示すが“デキる女の証”であることが分かったのです。

2:「サッパリ別れたい」ときに使う言葉

では、具体的にどのような言葉で終わりを告げたらよいのでしょうか?

20~30代男性に「別れの言葉の中で、すんなり受け入れられたフレーズは?」と聞いてみたところ、「『他に好きな人ができた』って言われたら、もう何もかける言葉がない」(30歳・金融)

「傷つくけど、『気持ちが冷めた』とはっきり言われた方が諦めがつく」(29歳・建築)といった意見がズラリ。

「友達に戻ろう」「元の関係に戻ろう」といった中途半端な関係を求めるよりも、「一切連絡しない」「もう二度と会わない」ことを伝えた方が、サッパリ別れることができるようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます