吉高由里子、初主演舞台の演出家にダメ出し!? 「言葉のチョイスがぶさいく」

2015.10.8 15:49配信
吉高由里子

 舞台「シアターコクーン・オンレパートリー2015 『大逆走』」フォトコール&ロビー会見が8日、東京都内で行われ、出演者の北村一輝、吉高由里子、大倉孝二、作・演出の赤堀雅秋氏ほかが登場した。

 この作品は、いい年をして大人になり切れないダメな男たちと、ひとクセある不思議な女たちの一夜の逃走劇を描いた喜劇。

 5年振りの舞台主演となる北村は、「稽古初日は5年振りということで、緊張して初心に戻った状態で入ったんですけど、周りのメンツがあまりにもすごいので、自分のできなさ加減が見えてきて、プレッシャーも感じながら精一杯稽古に臨んで…。やるだけやったなという感じです」と、初公演を控えた心境を語った。

 初舞台となる吉高は、「初めてのことで不安とかドキドキがいっぱいあるんですけど、稽古場に行ったらすごく楽しくて…。行きたくならないって、素敵な方たちに恵まれて、すごい幸せな1カ月でした」と稽古期間を振り返った。

 また、赤堀氏の演出について率直な感想を求められると「ダイレクトな演出ではなくて、比喩で例えることが多くて。演出する言葉のチョイスがぶさいくだなって思いました」とダメ出し、会場は大爆笑。

 しかし、「(赤堀氏は)本当は優しいしいろんな言葉を知ってるのに、何でわざわざその言葉をチョイスするのかなって。温かい人だと知ってるから思っちゃうことです。ちゃんとフォローの言葉も添えてくださいね。恨みますからね」と報道陣に吉高節でダメ押しして、笑わせた。

 東京公演は9日から25日 Bunkamuraシアターコクーン、大阪公演は29日から11月1日 森ノ宮ピロティホールで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング