本当に幸せになれる? 「交際0日婚」のメリット&デメリット

2015.10.12 6:30

堀北真希さんと山本耕史さんの電撃婚によって話題となった「交際0日婚」。過去にもそういうカップルはいましたし、それこそ運命の出逢いだったのでしょうが、本当にアリ? 「交際0日婚」のメリットとデメリット、そして向いている人と向いていない人についてじっくりと考えてみました。

恋人同士としてのお付き合いがないまま結婚した方たち……いますよね。
たとえば、鈴木おさむさんと大島美幸さん。堀北真希さんと山本耕史さん。

前者のお二人は、飲み会のおふざけをきっかけに結婚したというのが有名な話ですが、今や誰もが認めるおしどり夫婦です。

そして、電撃婚として世間を騒がせた堀北真希さんは、山本耕史さんから熱心なラブレター攻撃を受けて、「交際とかじゃなくて結婚しましょう」と、まるでドラマのようなプロポーズをされました。

でも、正直なところ……交際ナシでいきなり結婚してうまくいくの?という疑問が、誰の頭にも浮かぶはずです。

何年も付き合っている恋人同士だって、結婚して1年もしないうちに「性格の不一致」なんて、意味不明な理由で離婚しちゃう昨今ですから。

今回は、交際0日婚のメリットとデメリット。
向いている人と向いていない人を考えてみたいと思います。

交際0日婚のメリット

交際0日婚のメリットとしては、結婚相手に「そういう一面があったんだ」という発見をしても、それなりに受け止められるということが挙げられます。

なぜなら、恋人同士として付き合う期間がないために、「うまくいかなかったら、別れればいいや」という発想が、そもそもないからです。

入籍を果たした時点で、それなりの覚悟はしているはず。

また、たとえ嫌なところを目の当たりにしても、可能な限り前向きに受け入れようとしますし、意外にもそれができてしまいます。

恋愛において一番楽しい時期は、お付き合いがスタートしてから3ヵ月くらいだといえますが、その間に新婚生活を送る交際0日婚の夫婦は、多少のことに目くじらを立てたりはしません。愛情が最高潮まで高まっているので、『許せる範囲』がそもそも広いのです。

さらに、交際0日婚には、「期待外れ」がありません。
交際時はあえて隠していた部分が、結婚により遠慮がなくなり露呈する、ということがないのです。

恋人同士の期間があって結婚するカップルが、減点方式だとすれば、交際0日婚夫婦は加点方式。「付き合っていた頃は○○だったのに、結婚したら××になった」という比較対象がないので、お互いを丸ごと受け入れやすいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント