佐藤浩市、本田翼の配役に一抹の不安 「やばいな、大丈夫か?」

2015.10.8 16:45配信
佐藤浩市(左)と本田翼

 映画『起終点駅 ターミナル』の完成報告会見が8日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市、本田翼、中村獅童、和田正人、篠原哲雄監督が登場した。この作品は、果ての街・釧路で人生の終わりへと向かっていたはずの男と女が出会い、孤独を分かち合い、再び新しく歩き出す姿を描く、直木賞作家・桜木紫乃さんの小説を映画化したもの。

 主人公の弁護士・鷲田完治を演じた佐藤は、孤独なヒロイン・椎名敦子役を本田が演じると知った時の心境を問われると「やばいなと。大丈夫か? プロデューサーから『本田翼でいきます』と聞いて、正直、おいおいと思った」と振り返った。苦笑いを浮かべる本田を横にして、佐藤は「これまで等身大の役柄が多かった彼女が、今回こういう(過酷な)環境の中で生まれ育った人物を、どう体現するのかという一抹の不安を持った」と本音を吐露。

 それでも、撮影に入った数日後、「確かにあえて“不幸な女の子でござい!”といった女優さんがこの役をやるのは違うなと思った」と言い、撮影中には「彼女自身が、敦子という役をちゃんと吸収しているのを見て“この子でよかった”と思った」と安堵。「ハードルを上げるようですが、彼女の最後のシーンの芝居には期待して下さい」と笑顔を見せた。

 これを聞いた本田は「安心しました」とホッとした様子。佐藤との2人芝居には「相当な緊張と同時にチャンスをいただいたという気持ちがあった」ことを明かし、あらためて「ずっと明るい役、前向きな役が多かったので、この役に出会えたのは女優として生きていく中でとても大きなことだった」としみじみと語った。

 また質疑応答では、女優の北川景子とタレントのDAIGOが来年にも結婚すると報じられたことに関して、映画『愛を積むひと』で北川と共演した佐藤に質問が飛んだ。最初は「それは幸せになっていただきたいとしか言いようがない」と困惑気味の佐藤だったが「ご結婚されるのはいいこと。お幸せになってほしい」と笑顔で祝福した。

 さらに、この日は片岡愛之助と藤原紀香が来春にも結婚すると報じられており、獅童にも質問が。「お互いプライベートな話はしないので」と答えた獅童は、愛之助自身のコメントが出たわけではないと知ると「じゃあ、なんにも言いようがない。うかつなことは言えない。すみません。(記事の)見出しにならなくて」と苦笑いだった。

 映画は11月7日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング