2019年のGWは10連休。10日間休む方も、うち何日か休む方も、せっかくのまとまった休暇だからこそ、自分磨き期間に充ててみませんか。

今回は「1日1自分磨き」として、今よりもっとキレイになるレッスンをご紹介します。

1日目/ソルトフリーDAY

人間の身体に必要な塩。でも、私たちは普段、塩分を摂りすぎています。たとえば、外食は味が濃いし、そもそも外では無塩の食べ物にほぼありつけないと言っても過言ではありません。だから「ソルトフリー」として、塩を摂らない日を作ります。

フルーツや野菜、タンパク質などは食べてもOKです。ただ、塩を使わずにレモン汁や酢、オリーブオイルなどを使って味付けをします。食材本来の味に敏感になるだけでなく、翌日にはむくみもとれてスッキリしているはず。

塩分の摂りすぎは体内に水を溜め込むことにもつながるので、時々ソルトフリーDAYを設けるのは賢い選択です。

2日目/保湿強化DAY

美肌は最強にして最高のジュエリー。だからこそ、美しい肌を叶える保湿は欠かせません。

化粧水や美容液、乳液などでいつものケアをより丁寧に、手間をかけて行うのも良いですが、美容成分がたっぷり配合された少し高価なパックを使い、リッチな気分になってみては。パックを終えるとモチモチ肌が手に入ります。

3日目/10kmウォーキングDAY

最近運動不足気味で身体がなまっている…。そんな方に最初におすすめなのがお散歩。ウォーキングなので、歩きやすいスニーカーさえあれば、他は特別な準備もなく気軽に始められます。

目標は10km。「脂肪が燃え始める20分以上、素早く歩くこと」をミッションとして、自分が好きなウォーキングコースを決めて、ただひたすら歩きます。汗をかくので水分補給は必ず。発汗&水を飲むことで、体内の水分が入れ替わり、巡りも良くなります。

4日目/ゆる断食DAY

1日の摂取カロリーを500〜600カロリーに抑える「ゆる断食」。1日1食でも2食でもOKで、空腹時間を長くして結果を出すために、食事と食事の間隔を12時間程度あけるのが条件です。

避けたほうが良い食材は、血糖値を上げやすい炭水化物。血糖値が下がったときに空腹感が高まるため、それ以外の食材を摂るのがコツ。消化器官の働きを休めることで、便通が良くなる効果も期待できます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます