DXアンテナ、コミュニケーション事業に参入、ワイヤレス通話システムを発表

2015.10.9 11:24配信
ワイヤレストーク

DXアンテナは、10月7日から幕張メッセで開催している最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」の会場で、ワイヤレスでつながる新しいコミュニケーションツール「ワイヤレストーク」を11月1日に発売すると発表した。

冒頭、米山 實 代表取締役社長は、「創業60周年を迎えた一昨年に、再構築、新構築をかけ合わせた再・新構築というテーマを掲げた。新構築のテーマでは防災・福祉、リニューアル、セキュリティ、コミュニケーションの四つのコンセプトからなる新ブランド『DXデルカテック』を作った。このコミュニケーションの分野で、今回新製品を発表する」と説明した。

「ワイヤレストーク」は、従来の有線のインターホンとは異なり、電波干渉に強い1.9GHzの「DECT準拠方式」によるワイヤレス通話ができる。親機1台と子機6台を付属し、親機から指定した子機と通話ができる。操作はボタンを押すだけの簡単な操作で、導入の敷居をぐっと下げた。また、ワイヤレス方式を採用することで配線工事や無線免許が不要で、PHSのように通話料も一切必要ない。

親機は、受信機ごとに受信モード・受信メロディーを8種から設定できるので、音だけでどの子機からの呼び出しかをすぐに判別できる。子機の一斉呼び出しも可能。

子機はIPX3の防雨性能を備え、飲食店の厨房や介護現場など、多少水がかかる場所でも安心して使える。ボタンを押さずに通話できる自動応答機能を備え、作業中や手が不自由な場合でもハンズフリーで使える。親機との距離が離れすぎて圏外になるとLEDとアラームで知らせる機能も搭載する。

親機・子機の通信距離は見通し距離で100m。子機間通信は親機を中継することで最大200mまでの通信が可能だ。

オプションとして、親機の機能をそのままに、ポータブルで通話できる簡易移動機を用意する。充電式で常に携帯できるため、介護業務や倉庫作業など常に移動が伴うスタッフ間の業務連絡に適している。IPX4の防沫性能を備える。 価格は親機1台、子機6台の標準セットで9万8000円、簡易移動機は1万8500円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング