阿部寛、主演ドラマを見て「本当に泣きました」 土屋太鳳「男性の物語だからドキドキする」

2015.10.12 17:53配信
元宇宙科学開発機構の研究員を演じる阿部寛

 TBSドラマ 日曜劇場「下町ロケット」の完成披露特別試写会・舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、土屋太鳳、吉川晃司ほかが登場した。

 本作は、元宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が、ライバル会社や巨大な壁に阻まれながらも仲間と共に努力していく姿を描く。

 主演の阿部は、ドラマの試写を見た感想を「本当に泣きました。こうやって作品って完成していくんだなって、みんなの総力が素晴らしくて。こんな素晴らしい作品に出られて良かったなと思います」と話した。阿部の娘を演じる土屋も「こんなに愛情のこもった作品に参加できて、本当にうれしく思います」と感想を語った。

 本作は“働くことの意義”がテーマとなっているが、阿部は「実際に工場に行って社長から話を聞いたりしてるんですけど、知らなかったことがたくさんあって。僕なんかはまだまだ甘いんだなと思って勉強になっています。普段働いている方たちがどれだけ頑張っているか、それを支える家族をドラマの中で生身で表現していきたいと思っているので、応援してください」とアピールした。

 土屋は「私は20歳なんですけど、いつかは結婚したいなっていう願望があって、いつか将来旦那さまになる人が、こういう社会で働いているのかなと思うと、すごく応援したくなりますし、きゅんとします。男性の物語だからこそ、女性が見てドキドキしたり憧れたりする魅力があるのかなって感じました」と語った。

 ドラマは18日から毎週日曜日午後9時に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング