子どもが歩けるようになると、いよいよ本格的な公園デビュー!

ブランコや滑り台に先立って、砂場遊びに最初は夢中になることでしょう。

一度夢中になったら、暑さなんて微塵にも気にしないのが子ども。子どもはいくらでも太陽の下で遊べちゃうからこそ、ママはその間たっぷり浴びる紫外線対策をしていないと、あっという間に真っ黒日焼け。

日焼けだけではなく、これから夏にかけては虫刺されや黄砂など、外で長時間遊ぶにあたって、決して油断ならない公園遊び。

そんな公園遊びに行く前に仕込んでおきたい日焼け予防コスメを、ヘアメイクアーティスト木村旭宏さんに教えていただきました。

虫除けしながら紫外線予防!

虫刺されなんて、まだまだ心配しなくていいと思っていた春に、思い切り虫に刺されたということは少なくないはず。

公園といえば、場所によっては水たまりができやすかったり、木陰で虫が発生しやすいことから、虫除けは早いうちからしておいて、決して遅くはないのです。

虫除けしながら日焼け予防できる『アロマガード UVカットシャワー EX』は、SPF50+PA++++と長時間紫外線を浴びる場合に、申し分のない数値を誇る日焼け止めクリームです。

紫外線吸収剤不使用のため、肌が弱い人にも適していて、つけて白浮きもしません。1本で虫除けと日焼け止めができて、心地よくつけられるところが高ポイントなんです。

スプレータイプだから、公園についてからさっとメイクの上から、髪の毛にもすぐにつけられるところも、忙しいママにぴったりですね(木村さん)

汚れた空気から守るUVクリーム

公園て、自然が豊かで、空気が綺麗な場所ばかりにあるわけではありませんよね。

車の通りが多い道路沿いや電車の線路沿いだったり、都心であればなおさら悪環境の公園はありますし、黄砂やPM2.5など、汚れた空気を避けることができない公園は少なくありません。
そこで、汚れた空気からも守る日焼け止めクリームを使ってみてはいかがでしょう?

『ソルティール UVケアミルク』は、SPF16 PA++と、数値的には弱めですが、日常の外出程度なら役不足には決してならない日焼け止めクリーム。

何より、汚染された空気の浸透を抑えてくれるから、紫外線を浴びるとなぜか肌荒れが酷くなると実感するママにおすすめです(木村さん)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます