リッチでボリュームたっぷりのパンケーキが食べられるとなったら、どこまでも出掛けちゃう、そんなパンケーキファンの皆さん!

連日大行列のパンケーキ屋さんは、決して都心だけではありません。

今回ご紹介するパンケーキ屋さんは、静岡県三島市にありながらも、なんと連日2時間待ちは当たり前の、行列覚悟の人気ショップ。

都心から、車で約2時間と日帰りドライブコースにぴったりの好立地。週末になると、近隣県から観光客がどっと押し寄せる、話題のスポットにあるんです。

無料駐車場200台完備!『伊豆 村の駅』に行こう!

目指す場所は、国道136号線沿いにある『伊豆 村の駅』。

JR三島駅からタクシーでおおよそ15分の場所にある、ここ『伊豆 村の駅』は、食のテーマパーク!

パンケーキ以外にも、農産物直売所をはじめ、食事処やベーカリー、お土産処など、パンケーキを待つ間があっという間に過ぎてしまう、見て、買って楽しいお店がいっぱいあるんです。

試食もいっぱい! 買い物も一通り終わらせたら、最後に立ち寄っておきたいのは“しいたけキャッチャー”! 見事取れたら、しいたけスープなど、伊豆名物“しいたけ”の加工品に交換してくれるんですよ。

とれなくても楽しめる、しいたけキャッチャー。ぜひ待ち時間にやってみて。

午前中に到着必須! お昼過ぎには“入店NG”を覚悟して

農産物直売所のすぐ隣にある、たまご専門店『TAMAGOYA』の中にある『cafe brunch TAMAGOYA』。こちらが、今回のお目当てのパンケーキ屋さん。

とってもオシャレで明るい店内は、カフェ待ちのお客さんからテイクアウトのスイーツや卵を買うお客さんで、終日混雑しています。

着いたらまずはレジ前の機械で、受付を済ませます。
この時点でまだ朝11時前だというのに、すでに表示は120分待ち。人気の凄さが分かります。

結局中に入れたのは、120分を過ぎた頃。ちなみに14時には受付終了と、もはやカフェに入店することもできない状態。

着いてまさかの入店NGにならないためには、正午前に受付が必須です。

三島ブランド認定『日の出たまご』使用のパンケーキ

朝9時30分からオープンしていることもあり、パンケーキ以外にも三島ブランド認定『日の出たまご』をふんだんに使った『三島完熟トマトのオムライス』他、卵料理がメニューにずらりと並んでいます。

お昼過ぎに入店した時には、時すでに遅し。数量限定メニューはすべて完売。限定メニュー目当てなら、都心のパンケーキよりも、ある意味かなりの争奪戦です。