ディカプリオがVW不正スキャンダルを映画化

2015.10.14 11:54配信

レオナルド・ディカプリオとパラマウント・ピクチャーズが、現在世界を騒がせているフォルクス・ワーゲンの不正問題スキャンダルを映画化することになった。ディカプリオはプロデューサーを務めるが、出演もするのかどうかはわかっていない。

映画は、ニューヨーク・タイムズの記者が執筆するこれから出版予定のノンフィクション本を原作とするもの。パラマウントが映画化権を取得した。

ディカプリオは2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』以来、スクリーンから遠ざかっているが、来年1月北米公開予定の『レヴェナント:蘇えりし者』で復帰する。監督は今年オスカーを取ったばかりのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。共演はトム・ハーディ。坂本龍一が音楽を担当する。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング