シャープ、BDレコーダー8機種、番組に関するURLをQRコードに自動変換

2015.10.14 14:40配信

シャープは、BD(ブルーレイディスク)レコーダー「AQUOSブルーレイ」の新製品として、「BD-T3800」「BD-T2800」「BD-T1800」「BD-W2800」「BD-W1800」「BD-W1800W」「BD-W580」「BD-S580」の8機種を10月29日に発売する。価格はいずれもオープン。

業界ではじめて、テレビ番組に関連するウェブサイトのURLをQRコードに自動変換して表示する「スマートフォンQRコード表示」機能を備える。変換したQRコードを、スマートフォンなどで読み取ることで、手軽にウェブサイトにアクセスできる。

番組のピックアップ機能としては、地上デジタル放送の番組表情報から、新作連続ドラマを専用の「ドラ丸リスト」に自動でリストアップし、4週間分自動録画する「ドラ丸」を備える。残しておきたい番組は、最終回まで録画予約することが可能で、4週間視聴しなかった番組は自動で消去する。

録画リストでは、「まと丸」で同じ番組をフォルダにまとめて表示し、まとまった番組の連続再生や、ダビング、消去、保護設定を一括で実行できる。また、選択した録画番組の内容を、1画面あたり最大60個の子画面で一覧表示して、内容の確認や指定したシーンからの再生が可能な「番組内容まるわかり」機能も搭載する。

「BD-T3800」「BD-T2800」「BD-T1800」は、3基の地上・BS・110度CSチューナーを備える。税別の実勢価格は、HDD容量が3TBの「BD-T3800」が12万円前後、HDD容量が2TBの「BD-T2800」が9万円前後、HDD容量が1TBの「BD-T1800」が8万円前後の見込み。

「BD-W2800」「BD-W1800」「BD-W580」は、2基の地上・BS・110度CSチューナーを備える。税別の実勢価格は、HDD容量が2TBの「BD-W2800」が8万円前後、HDD容量が1TBの「BD-W1800/W」が7万円前後、HDD容量が500GBの「BD-W580」が6万円前後の見込み。」「BD-W1800」は、ブラックとホワイトの2色のカラーバリエーションを用意する。

「BD-S580」は、1基の地上・BS・110度CSチューナーを備える。HDD容量が500GBで、税別の実勢価格は5万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング