J:COM、MVNO事業に参入、J:COMオンデマンド視聴は通信量カウントなし

2015.10.14 15:34配信
中央左から佐々木新一会長、牧 敏夫社長

ジュピターテレコム(J:COM)は10月13日、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入し、新サービス「J:COM MOBILE」を10月29日から全国のJ:COMエリアで提供すると発表した。

記者会見の冒頭、佐々木新一会長は、J:COMがこれまで手がけてきた事業について「柱であるケーブルテレビ(CATV)事業のシェアは50%あり、契約数は405万契約になる。このほかはインターネットが301万契約、PHONEが363万契約と順調に伸びている。タブレットでテレビを視聴できる『withタブレット』は2年間で45万契約に達した。アクティブ率も55%と高めで、順調にセカンドスクリーンとしての利用が浸透している」と強調した。

動画視聴サービスを取り巻く現状について、牧俊夫社長は「動画視聴のモバイルシフトが進んでいる。われわれのユーザーは50~70代だが、そういった方々にも家の外でもテレビを観ていただけることを提案したい。また若者のテレビ離れと言われているが、YouTubeなどは視聴しており、コンテンツから離れたわけではない。そうした人たちにもテレビを観てもらいたい」と、年配者、若い世代に向けてサービス訴求を行っていきたいと話した。

さらに、動画配信サービスを取り巻く動向として、「NETFLIXが日本に上陸するなど動画配信サービス市場は拡大している。しかし、それらはパケット料金が別のため、ずっと観ているとどうしても通信費が高額になる」と話し、「『J:COM MOBILE』では、『J:COMオンデマンド』を利用して映像コンテンツを視聴する際、パケット量は月額のデータ通信量にカウントしない」とした。

例えば、解像度HVGAW(640×360)、ビットレート1.3Mbpsでの動画を1日1時間視聴した場合、1か月で約18GBのデータ通信量となるが、「J:COMオンデマンド」であれば無料となり、データ量を気にせずに動画を視聴できる。「J:COMオンデマンド」は国内外のドラマやアニメ約3万8000本を楽しめるほか、ゴルフやプロ野球などのライブ中継も視聴できる。

なお、データ通信量カウントなしは、プリインストールのJ:COMオンデマンドアプリ利用時に限る。YouTubeなどの動画配信サービスや、同じコンテンツをほかのアプリを利用して視聴した場合は、データ通信量がカウントされる。また、前日までの直近3日間で通信量が合計3GB以上の場合は、通信速度制限を翌日から行うとしている。

端末は、LGエレクトロニクス製のタッチパネル操作が可能な折りたたみ式のAndroid搭載スマートフォン「LG Wine Smart」を用意する。テンキーとタッチパネルの両方を備え、フィーチャーフォンに慣れ親しんだ人でも抵抗なく利用できる。

J:COM加入者向けサイト「MY J:COM」にすぐアクセスできるほか、よく使う機能にワンタッチでアクセスできる「ざっくぅキー」を搭載する。

料金プランは、端末をセットにした「J:COM MOBILE スマホセット[3GB]」で2年の長期契約の場合、月額2980円、標準契約で月額3680円となる。長期契約で「J:COM TV」もしくは40MB以上の「J:COM NET」に加入すると端末代金が実質無料となる。

このほか、訪問による契約手続き、端末の宅配、遠隔サポートでの初期設定などサポートが充実している。月額500円の「おまかせサポート」も提供する。ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LAN「Wi2 300」も追加料金なしで利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング