せっかくのオシャレが逆効果! 男性が引いてしまう「やりすぎポイント」4つ

2015.10.19 6:30

男性は視覚情報で興奮すると言われているくらいですので、女性の見た目は大事です。しかし、外見にこだわり過ぎると隙がなく、男性は引いてしまう場合もあります。せっかくのオシャレが逆効果になってしまわぬよう、気をつけるべきポイントをご紹介します。

好きな人ができた、あるいはそろそろ本腰を入れて恋活・婚活がしようと決めると気合いが入るのがオシャレ。新しい服を買ったり、美容室で思い切って髪型を変えてみたりした経験のある方もいるでしょう。

男性は視覚情報で興奮すると言われているくらいですので、女性の見た目は大事です。しかし、見た目にこだわり過ぎると隙がなく、男性は引いてしまう場合もあるのです。

せっかくのオシャレが逆効果になってしまわぬよう、気をつけねばならない点はどこなのでしょうか。

ギラギラのネイル

男ウケ最悪の王道とも言える、ゴテゴテギラギラの派手ネイル。ネイルは女性だから「かわいい」と思えるアイテムですよね。ピンクやベージュ以外の、人間の肌の色から遠ざかった青やグリーンなどのネイルやラインストーンが乗ったネイルは、男性には理解しがたいようです。

しかし、筆者もネイルは大好きです。モテを目指して派手なネイルを控えるか、自分の好きなネイルを押し通すかは悩むところ。

そんなときは、一番好きなオシャレを優先してみてはいかがでしょうか。例えば、オシャレの中でヘアスタイルに一番こだわりがある人はヘアスタイルに力を入れてネイルはおとなしくする、逆にネイルに一番凝りたい人はネイルを好きなものにして、他のオシャレをシンプルにするというのでも良さそうです。

ただし、重要なのはバランスなので、ネイルにしろ服にしろ、全体的に見て合っているものをチョイスしてくださいね。

個性的過ぎる色のチーク

ポップなオレンジや真っピンクなど、ちょっと個性的な色のチークを目のすぐしたに真横に入れる「二日酔いメイク」が流行中です。でもこれって、センスが良い人がやらないと本当にただの二日酔いみたいな顔になっちゃうんですよね……。男性ウケもいまいちです。

チーク一つでガラリと印象が変わるので、ローズや自然なピンクといった無難な色を頬骨にそって入れる方が失敗はなさそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント