富士フイルム、1600万画素CCDと光学5倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ「FinePix JX420」

2011.10.27 17:28配信
FinePix JX420

富士フイルムは、1600万画素のCCDと光学5倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix JX420」を、11月12日に発売する。カラーは、ブラック、レッド、ピンク、シルバーの4色。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

有効画素数1600万画素のCCD、35mmフィルム換算で28~140mm相当のフジノン光学式5倍ズームレンズ、電子手ブレ補正機能などを搭載したコンパクトデジカメ。ハイビジョン(HD)動画撮影や、16:9の静止画撮影に対応する。別売のHDプレーヤー「HDP-L1」で、ハイビジョンテレビに撮影映像を出力できる。

被写体にカメラを向けるだけで、撮影シーンを人物・風景・夜景・マクロ・逆光&人物・夜景&人物の6種類から自動的に判別し、シーンに合った撮影条件を設定する「シーンぴったりナビ」を搭載。顔検出機能「顔キレイナビ」と連携して、人物をきれいに撮影できる。

最大3枚の画像を合成して自動的にパノラマ写真を作成する「ぐるっとパノラマ」や、マークを付けてグルーピングした画像だけを、アルバムのようにカメラの液晶画面で閲覧できる「電子フォトアルバム機能」など、多彩な機能を搭載。フジカラーの店頭受付機やインターネットから注文すれば、グルーピングした画像をまとめてフォトブックを制作することもできる。

撮影した動画や画像は、YouTubeやmixi、Facebookなどへのアップロード予約に対応。カメラ本体を、画像ビューアーソフト「MyFinePix Studio」をインストールしたPCと接続することで、簡単にアップロードができる。

対応メディアは、SD/SDHCカード。サイズは幅95.2×高さ57.2×奥行き24.3mmで、重さは約124g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング