4つのアトラクションがリニューアル!

カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドでは、2015年5月22日から2016年9月5日まで、開園60周年イベント「ダイヤモンド・セレブレーション」が開催されています。

この60周年イベントに合わせて、ディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにある、4つのアトラクションがリニューアルされました。

そのアトラクションは、「ピーターパン空の旅」「ホーンテッドマンション」「マッターホルン・ボブスレー」「ソアリン オーバー・カリフォルニア」の4つです。

それでは、どんなところがリニューアルされたのか、詳しく見ていくことにしましょう。

 

プロジェクション・マッピングが追加!「ピーターパン空の旅」

ファンタジーランドにある「ピーターパン空の旅」。このアトラクションは、東京ディズニーランドにもありますよね。

カリフォルニアの「ピーターパン空の旅」も、小さな子を中心に根強い人気があります。

今回の60周年イベントに合わせて、子ども部屋のシーンなどに、最新のプロジェクション・マッピングが導入されました。

まるでそこに、ティンカー・ベルがいるような感覚を体験することができますよ。

「ピーターパン空の旅」は混雑しやすいので、できれば開園直後の午前中に行くことをおすすめします。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます